エリクソンの小部屋

エリクソンの著作の私訳を載せたいと思います。また、心理学やカウンセリングをベースに、社会や世相なども話題にします。

聖書の言葉: 生きている神

2017-04-21 09:31:34 | 聖書の言葉から
 
子どもと一緒にいない親達 虐待大国ニッポン
   仕事でアイデンティティは確立できるのか?  ロッテルダムのエラスムスと、ルターとは、水と油、仲が悪かった。 Young Man Luther 『青......
 

 

 

 今朝の聖書の言葉は ὁ ὤν ο ων,生きておられる神,です。 

 『新約聖書』の3番目のイエス・キリスト物語「ルカによる福音書」の第20章38節に次の言葉があります。私の翻訳では,次のようになります。

また、神は死んでいる人たちの神ではなく、むしろ、生きている人たちの神です、なぜなら、すべての人(たち)は、神によって(神にとって) 生きているからです。

 神様は,すべての人たちを生かそうとしてくださることが解かります。神様が生きておられるからです。

 でも,生きている神って,どういうことかしら?

 皆様はどう思いますか?

 ひとことで申し上げれば,「語りかける神」だということです。

 でも,いつでも一言多い私です。

 つまりそれは,「語りかけたことを出来事にする神」だということです。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ジュリアンのjjjな両親(ちょ... | トップ | ぞうさん »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL