エリクソンの小部屋

エリクソンの著作の私訳を載せたいと思います。また、心理学やカウンセリングをベースに、社会や世相なども話題にします。

聖書の言葉: μακάριοι 再び 祝宴の笑顔と晴れ晴れとした喜びの源

2017-02-24 04:16:59 | 聖書の言葉から

 
ネガをポジにするにはね
   エゴマニア 自分が「上」にならないと気が済まない人たち  私どもは、神の恵みのおかげで、自己内対話を、1人でできます。自分との対話と神様との対話は......
 

 今宵に聖書の言葉は,再び,μακάριοι マカリオイです。

 これは,エリクソンのライフサイクルでは,1歳,2歳の時の発達課題である,「自分の感性(を生きる指針・法則として)に従って善い感じ」(a sense of autonomy)となります。全く同じことなんです。

 これは以前,このブログで取り上げたことがあります(聖書の言葉 : マカリオイ μακάριοι とエリクソン)。

 今回改めて取り上げたのは,ここのところ立て続けで,ここが課題になっている子ども達に出逢ったからです。しかも,その子ども等は,人一倍感性が鋭い子ども達なんです。エネルギッシュな子もいれば,非常に静かで繊細さが目立つ子の場合もあります。でも,共通するのは,なかなか言葉にできない感性,感受性,センス・オブ・ワンダーの鋭さですね。

 子どもが好きなことをしていて,親もそれを一緒に楽しめる心のゆとりがある場合は素敵ですね。でも,子どもが好きなこと楽しいことをしていれば,『そんなことをしている暇があったら,宿題を先にしなさい」という親の方がはるかに多い。学校は学校で忙しく,アートや体育の時間がそもそも少ないうえに,英数国に比べて,一段低く見られがち。ヴァン・デ・コーク教授もいっていますが,アートや体育は発達トラウマ障害(DTD)の子どもにとって,英数国よりも大事なのに,それが真っ先につぶされがちでしょ。

 セラピーの基本は,「あなたが,楽しいこと,好きなこと,『いいなぁ』って感じることは,宝物。それはあなたらしさに繋がっているから」ということ。それから,「自分の感性を大事にすることは,わがままや身勝手とは真逆です。人から自分の感じを大事にして貰ったら,嬉しいもの。自分の感じを大切にしていると,自ずから人の感じも大切にしたくなるものですよ。そうしたら,その人はあなたと仲の良い,大事な人になりますよ」ということ。

 その人の「自分の感じ」,感性を徹底的に肯定すること,それを態度で示し続けることが,祝宴の時のような笑顔と,腹の底からの晴れ晴れとした喜びが湧きだす,絶対条件ですね。

 放蕩息子が帰還した祝宴の話と一緒でしょ。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« インターメッツォ: エリク... | トップ | 現世考: 「働き方改革」の... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

聖書の言葉から」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL