エリクソンの小部屋

エリクソンの著作の私訳を載せたいと思います。また、心理学やカウンセリングをベースに、社会や世相なども話題にします。

#発達トラウマ障害が黙殺されているのは何故か?:#大企業が儲からないから

2017-07-18 02:42:40 | ヴァン・デ・コーク教授の「トラウマからの

 

 

   発達トラウマ障害(DTD)のご相談は,こちらへ。agape☆gmail.com  但し,全て半角にしてから,☆→1430777@に変換してください。当方,年間70~80ケースの発達トラウマ障害(DTD)セラピーをしてきていかなりのケースが善くなっていますよ。あなたも是非一度連絡してください。料金は収入によっていろいろです。世帯所得によって,ワンセッション500円(家庭保護世帯,母親のひとり親世帯など)~

 
退化の印
   発達は、「私」次第。  発達というのは、自分が生きること、自分を生かすこと、自分自身になることです。 The life cycle completed......
 

 ヴァン・デ・コーク教授の  The body keeps the score : brain, mind, body in the healing of trauma 虐待されたら、意識できなくても、身体は覚えてますよ : 脳と心と身体がトラウマを治療する時どうなるか?

 第12章。「思い出すのが,耐えられないほどの重荷」です。p.187,第4パラグラフ から。

 

 

 

 

 

 1922年、イギリス政府はサウスボロー報告書を出しました。この報告書の目的は、将来の戦争においては、炸裂弾ショックという診断は避けると共に、補償を求めるいかなる要求にも応じないことでした。この報告書の意図は、炸裂弾ショックを公的には今後使わない、ということと、こういえケースは疾病ではなく戦闘に依るものとは今後見なさない、ということでした。公的な見解では、よく訓練された部隊は、適切な指導の下では、炸裂弾ショックにはならないし、障害を負わせました者は、訓練もやる気も足りない兵士だ、というわけです。炸裂弾ショックという診断の妥当性にまつわる政治的な嵐が、その後何年にも渡って荒れ狂い、炸裂弾ショックの最良の治療法に関する報告書が、科学論文になることはなくなってしまいました。

 

 

 

 

 

 ここは、なかなか示唆的です。

 日本では、アメリカとは異なり、発達トラウマ障害DTDが、何故、正面から議論されることもなく、NHKはじめ、岡田尊司さんも友田明美さんも、大きく扱わないのか?

 それは、発達トラウマ障害DTDを、大きく取り扱うと困るからです。

 つまり、発達トラウマ障害DTDを認めて、丁寧に対応したいと思えば、莫大な金と莫大な時間がかかってしまうので、「シィーッ」と誰もが、黙りを、決め込んでいるわけです。発達トラウマ障害DTDを、一旦問題にしたら、医療制度、学校、社会福祉、公衆衛生等、多岐に渡る分野の大改革が必須ですが、効く薬がありませんから、発達トラウマ障害DTDに、積極的に関わる大企業は皆無です。

 発達トラウマ障害DTDが黙殺されているのは、大企業が儲からないから

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« #エリクソンの叡知:#恵みの... | トップ | #エリクソンの叡知:#やり取... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL