エリクソンの小部屋

エリクソンの著作の私訳を載せたいと思います。また、心理学やカウンセリングをベースに、社会や世相なども話題にします。

発達トラウマ障害(DTD)は、膿を出しても、治りません!

2016-10-31 08:22:36 | ブルース・ペリー教授の『犬』

 

 

 
信頼という天来の恵み
   あなたは、子どもを操縦してませんか?  フロムとエリクソン、精神的には親戚でしょうね。 p115の7行目から。     ...>続きを読む......
 

 

  発達トラウマ障害(DTD)=愛着障害の子ども。ブルース・ペリー教授の The boy who was raised as a dog 「犬として育てられた少年」。p165、第2ラグラフから。

 

 

 

 

 

 ですから、この子ども達が、その子ども達が負わされたトラウマに「折り合いを付け」、養父母たちと絆を作るためには、ラぺス一家もバーバラ・バースも「抱っこ」療法を始めました。もう1つ、致命的な思い込みが物を言ったのは、まさにここでしたし、今も精神医学の世界では蔓延している思い込みです。私はそれを「精神病の膿」理論と呼んでいます。これは、切開しなくてはならないオデキみたいに、ある種の記憶が毒になり、トラウマから回復するためには、毒になっている記憶を掘り起こして、話し合わなくてはならない、という考えです。セラピーでは、患者さんひとりびとりの生まれ育ちの中にある「ロゼッタ・ストーン」を探すのに、何時間も時間を賭ける場合が多い。それは、自分の人生に合点がいって、当座の問題がすぐに解決する記憶を1つ見つけようと(訳注:誤解)しているんです

 

 

 

 

 

 これは、暴露療法にも通じる間違いですね。私の経験からすれば、直接的に虐待やネグレクトの経験を言葉にせずとも、象徴的に その経験の核になっている「一人ぼっち」に肯定的な意味があることをハッキリと示す物語ができると、ビックリするほど人格が変わりますね。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« インターメッツォ: エリク... | トップ | インターメッツォ: 神様の... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL