エリクソンの小部屋

エリクソンの著作の私訳を載せたいと思います。また、心理学やカウンセリングをベースに、社会や世相なども話題にします。

心で見なくっちゃ,ね。

2017-05-13 08:25:28 | ヴァン・デ・コーク教授の「トラウマからの

 

 

 

 
世の中を変えるために、私どもも歌を歌いましょう
   奇跡 ふたたび   人と人とが一つ(人つ?)になること  ≪真≫において、人と人として繋がることが、実存的な不安を解消するのに...>続きを読......
 

 発達トラウマ障害(DTD)=愛着障害の子ども。ヴァン・デ・コーク教授の  The body keeps the score : brain, mind, body in the healing of trauma 虐待されたら、意識できなくても、身体は覚えてますよ : 脳と心と身体がトラウマを治療する時どうなるか?』p.179, 最後のパラグラフから。

 

 

 

 

 

 シャルコーは,生理的,神経学的な相関関係がヒステリーにあるのかを,男女に対して詳細に研究したところ,全てが,記憶は身体化して,言葉にならないことを強調していました。たとえば,1889年,ルロンと言う患者のケースを出版しました。彼は馬車との交通事故に遭ってから,脚が麻痺したんです。ルロンは地面に倒れて,意識を失ったけれども,麻痺の身体的な病因となるような神経学的な印は1つもありませんでした。シャルコーが発見したのは,ルロンは意識を失う前に,自分に近づく車輪が見えたのに,自分は轢かれたと思い込んだんです。シャルコーは記しています「この患者さんは,…何も覚えていませんでした。…この点を聴いてみても,何も応えてくれません。彼は何も,ほとんど何も覚えていないんです」と。サルペトリエール病院の他のたくさんの患者さんみたいに,ルロンも自分の経験を身体化させて表現してたんです。ルロンは事故を思い出す代わりに,足が麻痺したんです。

 

 

 

 

 

 発達トラウマ障害(DTD)の子ども達と変わりません。ある子は,記憶が思い出せない代わりに,それが対人恐怖になったり,パニック障害になったり,食べ吐きになったり,アトピーやぜんそくになったり…。身体に現れることが多いです。それと行動に現れることも多いですね。不登校,暴力,暴言,クラスにいられない…。

 私どもサイコセラピーの出番ですね。

 

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 聖書の言葉 : 気違いじみ... | トップ | エリクソンの叡智: 子ども... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL