エリクソンの小部屋

エリクソンの著作の私訳を載せたいと思います。また、心理学やカウンセリングをベースに、社会や世相なども話題にします。

聖書の言葉: 切っても切れない

2017-05-11 01:50:52 | 聖書の言葉から

 

 

 

 
インターメッツォ : 考えないことが、「人類に対する犯罪」
   真理はあなた達を自由にする ルターの場合 ルターの登場は、さながら、こんな夜明けでしたでしょう。幸いなるかな…。     ルターはギリシャ語も........
 

 今宵の聖書の言葉は,切っても切れない,です。

 世の中に,切っても切れないものってあるのかしらね。親子の絆がかつて,切っても切れないものとして言われた時代がありました。しかし,どうでしょうか。親子の絆,家族の絆が脆い時代になりましたね。絆が脆くなったのを,憲法のせいにする人がいると聞いて,びっくりしますけれども,それは的外れなお話にすぎません。

 このことが出てくる聖書の箇所は,『新約聖書』のパウロさんの一番有名な「ローマ人への手紙」です。その8章38節~39節です。

38わたしは確信します、死もいのちも、天使も司も、現状も未来も諸権力も、39高きも低きも、そのほかいかなる被造物も、われらの主キリスト・イエスにある神の愛からわれらを離せないことを

 ここにパウロさんの確信が述べられている訳ですね。ここは,前田護郎先生の翻訳でも,多少そのニュアンスが残っていますが,ギリシャ語では,リズムをもっと感じます。それは,否定を意味するウーテが,ウーテ,ウーテと繰り返されているからです。英語で言えば,neither...,nor...ですね。

 昨日の聖書の言葉のブログ聖書の言葉: παρακαλῶ παρά 近くに + καλῶ 呼ぶ  頼む,元気づける,慰めるで,「遠巻きにして,出来るだけ関わらない」話しをしましたけれども,それと同時に「神様は,「いつもあなた達と共に居る」とおっしゃってくださるところに,神様は,παρακαλῶの姿勢が貫徹していますでしょ」ということもご指摘しましたでしょ。また,一昨日の聖書の言葉のブログ聖書の言葉: 根拠のない自信では,「キリストの信頼も,根源的信頼感も,どちらも,根拠のない自信,πίστις,ピィスティスであり,絶対的な自信なんですよね」と申しました。

 私どもと神様との関係は,切っても切れない絶対的な絆です。

 日本でも昔「お天道さまが見てるよ」と言う言葉がありましたが,それを遥かに強くいっているのが,

38わたしは確信します、死もいのちも、天使も司も、現状も未来も諸権力も、39高きも低きも、そのほかいかなる被造物も、われらの主キリスト・イエスにある神の愛からわれらを離せないことを

です。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« エリクソンの叡智:1人の回... | トップ | 現世考: 学校制度崩壊! ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

聖書の言葉から」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL