エリクソンの小部屋

エリクソンの著作の私訳を載せたいと思います。また、心理学やカウンセリングをベースに、社会や世相なども話題にします。

大人の意を汲んでウソを言う子ども

2016-10-18 23:50:14 | ブルース・ペリー教授の『犬』

 

 

 
控えめで、ユーモアセンスのある言い方
  ルターとその他の修道士らとは、対照的でした。 Young Man Luther 『青年ルター』p.234の第2パラグラフ、14行目途中から。    ......
 

 発達トラウマ障害(DTD)=愛着障害の子ども。ブルース・ペリー教授の The boy who was raised as a dog 「犬として育てられた少年」。p162、第2パラグラフ、6行目途中から。

 

 

 

 

 

性的虐待について、子どもが自発的にウソを言うことは稀だけれども(ただし、ウソをつくこともあります)、大人からウソをつかされることはあり得ます。その大人は、自分が聞きたい話を子どもに言わせていることに気が付きません。あからさまな強制は要らないけれども、これから見て見るように、それが事態を余計に悪いものにするかもしれません。

 

 

 

 

 

 大人の意を汲んで、子どもがウソをつかされることは、実に多い。子どもは、素直ですから、大人の意を組むことも多いからです。

 性的虐待に関しても、さっきのブルース・ペリー教授の話と同様、性的虐待に馴れる症候群、と言うものがあるくらいですから。

 

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 性的虐待馴れ症候群 | トップ | インターメッツォ: 2つの声 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL