エリクソンの小部屋

エリクソンの著作の私訳を載せたいと思います。また、心理学やカウンセリングをベースに、社会や世相なども話題にします。

#教育ができない日本の学校 #ニセモノの学校

2017-07-13 06:13:53 | 間奏曲

 

 

 

 
処世のおきて
   悦びの伝染  神様の愚かさは、世間的にはバカに見えるけれども、本当は実に考え尽されて、うまくできてます。神の弱さも、世間的にはミジメに見えるけれど......
 

 今朝,7.13, 2017 ETV特集「キミのこと聞かせてよ~木原雅子さんの出張授業~」(http://www4.nhk.or.jp/etv21c/x/2017-07-08/31/10543/2259566/)を見ました。その感想を一言申し上げます。

 木原雅子さんは,エイズの疫学研究者で,エイズ予防の仕事をしてきた方だそうです。京都大学の准教授です。「荒れたクラス」に入って,子どもたちの話を聞いて,クラスが落ち着くのを手伝ってもいるらしい。このテレビは,その一つを取材したものです。

 実際,子どもたちが荒れていたのに,落ち着きを取り戻しました。でも,性教育をしてはいても,その方法論は,子どもの話をよく聞く,という何の変哲もないものです。木原さんもその点は自覚的で,「私は,もともと子どものあったものを,引き出しただけです」といいます。これは,教育がエドゥカティオ,「引き出す」という基本を述べたにすぎません。言っては悪いですが,この程度のことが教育番組で特集されなければならないことが驚きでした。

 この番組の中で,30年選手のベテラン教員の校長が,

こんなふうに(子どもの話に耳を傾けて)接したこと,今まで自分も30年くらい教員をしていますけれども,なかなかなかったなぁ

と言ってましたでしょ。

 今の日本の学校は,教科は教えるのに,教育はできていない偽物の学校

そのことがまた,明らかになりましたね。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« #精神分析は,#トラウマに... | トップ | エリクソンの叡智:希望の源... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL