エリクソンの小部屋

エリクソンの著作の私訳を載せたいと思います。また、心理学やカウンセリングをベースに、社会や世相なども話題にします。

聖書の言葉:,ἡ ὸδὁς ヘ・ホドス あの道

2017-05-20 10:48:59 | 聖書の言葉から

 

 

 

 
インターメッツォ : 救いを実現する態度
   神の施しと優しさは、いまここで  私どもも、ルターの様に、一度でいいから「天にも昇る悦び」を味わって生きたいですね。 できることなら、毎日毎日、来......
 

 今朝の聖書の言葉は,再び,ὸδὁς,ヘ・ホドス,あの道,です。

 みなさん,あの道,と行ったら何を思いますでしょうか? いつものやり方? それとも,会社に行く時の近道でしょうか?

 でも,この言葉は,「あの生き方」とも訳せます。クリスチャンの生き方のことも言いますね。

 私は,パウロさんが教えてくれる生き方が,やはり「あの生き方」,クリスチャンの生き方だと,いま改めて,実感しています。それは,『新約聖書』のパウロさんの手紙「ローマ人への手紙」の第5章3節から5節です。

 「3そのうえ、苦難にあっても誇ります。苦難は忍耐を、4忍耐は訓練を、訓練は希望を生むことを承知ですから。5この希望は恥をかかせません

 これを私の実感に即して,超訳しますと,このようになります。これがキリスト者の「あの生き方」です。

 「それで,初めはどうなることかと思うような,損する生き方も,案外善いものですよ。はじめは損する生き方だと思っていたところで,その場に踏みとどまるしなやかさが養われますし,そのしなやかさが,苦労も苦労と感じないで晴れ晴れとした,裏表のない品性を養ってくれますよ。その晴れ晴れとした,裏表のない品性のお陰で,また,ダメだと人様から思われるような生き方にも,人様がなかなか気づかない大きな希望があるってことに気付かされますからね。この大きな希望は,独り占めできませんから,周りの人,特に惨めな思いをしている人に,「明日はもっと善い日になる」,という希望をプレゼントすることにもなりますよ

 皆さんの参考になれば,幸いです。

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« エリクソンの叡智: エリクソ... | トップ | 現世考: #発達トラウマ障... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL