エリクソンの小部屋

エリクソンの著作の私訳を載せたいと思います。また、心理学やカウンセリングをベースに、社会や世相なども話題にします。

発達トラウマ障害(DTD)支援の要諦 : 本気の関わりだけが、発達トラウマ障害(DTD)の回復を可能にする

2016-10-17 05:18:41 | ヴァン・デ・コーク教授の「トラウマからの

 昨日付で、ヴァン・デ・コーク教授の  The body keeps the score : brain, mind, body in the healing of trauma の翻訳本(上の写真)が、出版されました。

 

 
「やりすぎ」は禁物
  The lie cycle completed 『人生の巡り合わせ、完成版』の第3章、「心理社会的発達の主たる舞台」、面白かったですね。当たり前のことですけれども、私ど......
 

  発達トラウマ障害(DTD)=愛着障害の子ども。ヴァン・デ・コーク教授の  The body keeps the score : brain, mind, body in the healing of trauma 『虐待されたら、意識できなくても、身体は覚えてますよ : 脳と心と身体がトラウマを治療する時どうなるか?』p.137、最後のパラグラフから。

 

 

 

 

 

 子どもの頃に虐待された多くの人たちと同様に、マリリンも、命の躍動、生きる意志、自分自身の人生を全うしようとする意志、を証しています。そのエネルギーたるや、トラウマを完全に打ち負かそうとするのとは、正反対です。私はだんだん解ってきたことですが、トラウマを回復することができるのは、トラウマを負わされた人たちに対して、畏敬をもって、本気で関わる時だけなんですね。畏敬の念をもって、本気で関わる時だけ、私が関わった発達トラウマ障害(DTD)の患者さんたちは、自分が虐待されてきたことから逃げ出さずに踏みとどまることができましたし、その後で、回復の過程で必ず生じる「魂の夜の航海」も耐えることができましたから。

 

 

 

 

 

 「魂の夜の航海」は、ユングが、「精神分裂病」と見紛えてもおかしくない状況から回復した過程について、述べたのが元です。発達トラウマ障害(DTD)からの回復過程もユングの回復過程と同様な訳ですね。

 本気で関わること、河合隼雄先生の言葉でいえば、「不退転の壁」になる覚悟で関わることが決定的に大事です。

 これは、発達トラウマ障害(DTD)の臨床をしていれば、アーメン、「ホントにね」と頷けるところなんですよ。

 

 

 

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« インターメッツォ: エリク... | トップ | 発達トラウマ障害(DTD)の虐待... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL