エリクソンの小部屋

エリクソンの著作の私訳を載せたいと思います。また、心理学やカウンセリングをベースに、社会や世相なども話題にします。

#役に立つ弱い立場の味方になる研究 #研究は視点が命

2017-08-13 01:53:52 | ヴァン・デ・コーク教授の「トラウマからの

 

 

 

 発達トラウマ障害(DTD)のご相談は,こちらへ。agape☆gmail.com  但し,全て半角にしてから,☆→1430777@に変換してください。当方,年間70~80ケースの発達トラウマ障害(DTD)セラピーをしてきていかなりのケースが善くなっていますよ。あなたも是非位一度連絡してください。料金は収入によっていろいろです。世帯所得によってワンセッション500円(家庭保護世帯,母親のひとり親世帯など)~30,000円/50分


お友達ができないのは、赤ちゃんの頃にネグレクトされたから?

   あなたは、「未来を上手く描けます」か?  困難や試練に出会ったら、そのたびごとに、根源的信頼感を豊かにするチャンスとしたいものですね。 The l......

 

 ヴァン・デ・コーク教授の  The body keeps the score : brain, mind, body in the healing of trauma 虐待されたら、意識できなくても、身体はその傷を覚えてますよ : 脳と心と身体がトラウマを治療する時どうなるか?

 第12章。「思い出すのが,耐えられないほどの重荷」です。p.194,第2ラグラフから。

 

 

 

 

 

 もう一つの一連の研究は,目撃証言はあてにならない,ということを記録しました。研究協力者たちは,一台の車が道を行くヴィデオを見せられて,後程,止まれの交通標識や信号機が見えたかどうかを尋ねられました。子ども等は,クラスに来た男性の訪問者が着ているものは何だったのか?と問われるかもしれませんね。その外の目撃実験では,目撃証人が問われた問いは,思い出す内容を変える場合があることを記録しました。これらの研究は,警察や裁判所が日ごろやっていることを問いにした点で価値があるかもしれませんよ。でもね,トラウマ記憶に関しては,当てはまりません

 

 

 

 

 

 研究では,視点,どの立場から見るのか,がとても大事

 権力の味方になる見方もあります。研究費がたくさんもらえて,高いサラリーがもらえます。

 弱い立場に味方になる見方もあります。研究費は少なく,安月給に甘んじなくてはなりません。

 さっきの話ではありませんが,長期的に残る,役立つ研究は,弱い立場の味方になる研究だと,相場が決まっています

 

 

 

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« #生き延びための短期的手立... | トップ | #心の成熟 #寛容になる善... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ヴァン・デ・コーク教授の「トラウマからの」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL