エリクソンの小部屋

エリクソンの著作の私訳を載せたいと思います。また、心理学やカウンセリングをベースに、社会や世相なども話題にします。

#ウソが発達トラウマ障害(DTD)を作り出す #発達トラウマ障害は不信の塊

2017-07-01 02:11:52 | ヴァン・デ・コーク教授の「トラウマからの

 

 

  発達トラウマ障害(DTD)のご相談は,こちらへ。agape☆gmail.com  但し,全て半角にしてから,☆→1430777@に変換してください。当方,年間70~80ケースの発達トラウマ障害(DTD)セラピーをしてきていかなりのケースが善くなっていますよ。あなたも是非位一度連絡してください。料金は収入によっていろいろです。世帯所得によって,ワンセッション500円(家庭保護世帯,母親のひとり親世帯など)~

 
発達トラウマ障害(DTD)の子ども等が、家庭だけではなく、学校や病院でも虐待されている現実
     発達トラウマ障害(DTD)のご相談は,こちらへ。agape☆gmail.com  但し,全て半角にしてから,☆→1430777@に 変換してください。 ......
 

 ヴァン・デ・コーク教授の  The body keeps the score : brain, mind, body in the healing of trauma 虐待されたら、意識できなくても、身体は覚えてますよ : 脳と心と身体がトラウマを治療する時どうなるか?』p.308,ブランクから。

 

 

 

 

 

敢えて,本当のことを話す

 

 私最近,(ペッソ・ボイデン体感療法のセラピーの)生活劇をやるようになりまして,そこで16歳のマークという少年の生活劇をやりました。マークは,13歳の時,父親が,母親の妹であるオバサンと電話セックスをしているのを,たまたま立ち聞きしてしまったんですマークは,このことを知るに及んで,混乱するわ,恥ずかしいわ,傷つけられるわ,裏切られるわで,何もしたくなくなってしまいました。それで,父親にその話をしようとしたとき,激しく怒られて,「そんなことはない」などと言われてしまいました。「そんな不潔なことは考えるな」「過程を壊す気か」と言われたんです。マークは,わさわざその話を母親にしようとはしませんでした。ところが,それ以降,家族のウソとゴマカシが家庭生活のあらゆる側面に悪影響を与えてしまいましたし,マークは「誰も信じられない」と思うようになってしまいました。学校を出た後は,マークは孤独な青年時代を過ごして,近くのバスケットボールのコートをブラブラしたり,部屋でテレビをダラダラと見たりしていたんです。21の時に心臓発作で母親が死にました。マークの話では,そのあと,父親はあのオバサンと再婚したらしい。マークはお葬式にも結婚式にも呼ばれなかったらしい。

 

 

 

 

 

 マークは,発達トラウマ障害(DTD)で,抑制タイプだと思われます。父親とオバサンが電話セックスしているのを立ち聞きしたことが契機だったとありますね。私はこれはきっかけでしかないと感じます。家族の中に,もともとウソとゴマカシがはびこっていたんだと思います。その一つの表れで,電話セックスの事件があった。マークは,なんとなく家族の中にウソとゴマカシがはびこっていることを感じていたけれども,ほかの家族をよく知りませんから,自分の家族の異常性を意識するまでになっていなかった。それが,この事件をきっかけに生きできるようになって,無気力症のようになったとみられます。しかし,発達トラウマ障害(DTD)の心の在り方は,不信です。独りぼっちです。

 いま日本にいる,200万人ともいわれる引きこもりの人たちの中にも,相当数の抑制タイプの発達トラウマ障害(DTD)の人がいると私は考えますね。

 

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« エリクソンの叡智: #無理... | トップ | 聖書の言葉:  #光あれ »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ヴァン・デ・コーク教授の「トラウマからの」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL