エリクソンの小部屋

エリクソンの著作の私訳を載せたいと思います。また、心理学やカウンセリングをベースに、社会や世相なども話題にします。

聖書の言葉:  #生きる勇気 #とっても嬉しいお知らせ

2017-06-18 02:16:57 | 聖書の言葉から

 

 

 

 
自分の人生が予測可能になる練習
    回心=心の病からの快復  ルターが説教という自己表現の方法を手にしたことは、人びとの救いに役立つばかりではなくて、ルター自身の救いにも役立ち......
 

 根源的信頼感のことを調べるために,宮田光雄先生の,『宮田光雄集〈聖書の信仰〉』シリーズの何冊かを読み直してきたんですね。論文を書くのに必要だったからです。そしたら,別の発見もあったんですね。今日はそれをご報告します。

 The courage to be. 『存在への勇気』。ポール・ティーリッヒの本。それで,その本も,最終章をざっと読んでみたんですね。するとですよ。この勇気 the courage。どんな勇気だと思います? 宮田光雄先生の受け売りで申し訳ないのですが,「本当の自分を否定するものがあっても,それにあらがって,本当の自分を肯定すること」なんだそうですよ。宮田先生の本も,ティーリッヒのこの本も,何度か読んでるはずなのに,気が付かなかったんですね。

 何のことだと思います? もったいぶってごめんなさい。

 これは,エリクソンが言う,a sense of basic trust 根源的信頼感 と,寸分違わず同じだ,ということです。そして,それは,聖書がいう,信頼 πίστις,ピスティスともまた,まったく同じです。

 とっても嬉しいお知らせでした。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« エリクソンの叡智:   #... | トップ | 現世考: #心の中の見えな... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

聖書の言葉から」カテゴリの最新記事