エリクソンの小部屋

エリクソンの著作の私訳を載せたいと思います。また、心理学やカウンセリングをベースに、社会や世相なども話題にします。

聖書の言葉: こどもの日に,青空の下での,お使い

2017-05-06 02:05:33 | 聖書の言葉から

 

 

 

 
子どもの日に : ≪陽気で楽しい≫温もりを
   病気だから、人を惹きつける  一見強そうなルターにも、いろんな弱さがありました。 Young Man Luther 『青年ルター』p197の第3パ......
 

 昨日は,こどもの日でしたね。東京は1日中,雲がほとんどない,真っ青な青空の1日でした。

 今宵の聖書の言葉はἀπόστολοσ,アポストロス,お使い,です。

 テレビ番組で,4歳か5歳位の子どもが,お使いを頼まれて,出かける様子を隠しカメラで撮る番組。「はじめてのおつかい」。皆さんも一度くらいはご覧になった,と言う方もあるんじゃないですか? 八百屋さんに行ったり,肉屋さんに行ったりして,頼まれたものを買って,また,自宅まで帰って,お母さんのお使いをやり遂げて,メデタシ,メデタシ。

 ウィキペディアによれば,今も,年に2回ほど放送されているそうです。幼い子どもが,怖い思いをしながら,道に迷いながら,寄り道をしながら,目的のお使いを無事に済ませて,家に帰る。すると,親子で喜び合って,中には泣き出す子まで出ます。その子の姿に,スタジオのホストならずとも,微笑んだり,もらい泣きをしたりする人も,おられることでしょう。

 聖書の出てくるἀπόστολοσは,使徒,と翻訳されることが通例になっていますから,お使い,とやったら,怒る人がいるかもしれませんね。でも,辞書によれば,堅い表現ですけれども,もともとの意味,「字義は~から職権を委ねられて遣わされた者」だと言います。まさしく,お使い(お遣い)そのものでしょ。

 キリスト者でなくても,この世に生まれたら,ひとりびとりが,いわば神様からのお使い,使命があるのかもしれませんよね。西村秀夫先生は,「使命がある限り,生かしていただく」と言ってましたよ。実際は,その使命を自覚している人と,なんだかあいまいな人がいるのでしょうけれどもね。その使命を,私どもも,「はじめてのおつかい」の子どもみたいに,怖い思いをしながら,道に迷いながら,寄り道をしながら,とぼとぼと,人生という道を歩んで,成し遂げている訳でしょ。それでも,帰宅したときに,天のお父様と,真っ青な青空の下,歓びあって涙を流す時を忘れずに,日々を歩みたい

 そんなことを思った,子どもの日,でしたね。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 嬉しかったり,バカにされた... | トップ | 現世考 : ニッポンの赤ち... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

聖書の言葉から」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL