エリクソンの小部屋

エリクソンの著作の私訳を載せたいと思います。また、心理学やカウンセリングをベースに、社会や世相なども話題にします。

インターメッツォ: 仲良しお父ちゃん!

2016-10-17 02:31:53 | 間奏曲

 

 

 
繋ぎの段落
   毎日礼拝  毎日礼拝。聴きなれない言葉ですよね。「日曜礼拝」なら、聞いたことがあるでしょう。でも、「日曜礼拝」だと、本当の「礼拝」になっているのか......
 

 

 ヘンリー・ナウェンの『魂の向き』Spiritual Direction を味わいます。ぐっと戻って、p.75。

 

 

 

 

 

 

 アッバ 「お父ちゃん」と言う言葉は、とっても親しみのある言葉でしょ。このアッバの一番いい翻訳はダディ、「お父ちゃん」です。アッバ「お父ちゃん」と言う言葉は、信頼を、安心を、確信を、仲間意識を、特に、親しみを表わしています。この言葉には、権威だとか、権勢だとか、支配だとか、ファザー「父親」と言う言葉から思い浮かべる意味は、およそありません。反対に、アッバ 「お父ちゃん」と言う言葉は、包み込んでくれるような、世話を焼いてくれるような、自分を大事にしてれる気持ちを示していますし、それは、自分の父親、母親、兄弟姉妹、親戚、友達、恋人が、私どもに示してくれるような、馴染のある気持ちです。

 

 

 

 

 

 アッバ、というのは、イエス・キリストが、「父なる神」を呼んだ呼び掛けです。幼い子どもが、お父さんを呼ぶ時の言葉でもあると言います。

 「父なる神」などと言うと、地上の父親が、かつては、権威だとか、権勢だとか、支配だとかの権化であったことからくる、堅苦しいイメージを持ちがちです。ところが、今宵ナウェンさんが教えて下すったみたいに、むしろ、親しみのある、世話好きな感じのする方であることが解かります。ですから、私どもも、裃を着て、日曜日だけに会うのではなしに、普段着の付き合い、あるいは、裸の付き合いを「父なる神」とする方が善いんですね。

 「父なる神」は、仲良し父ちゃん! なんですからね。

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 悪魔な「悪魔調査官」たち、... | トップ | インターメッツォ: エリク... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL