エリクソンの小部屋

エリクソンの著作の私訳を載せたいと思います。また、心理学やカウンセリングをベースに、社会や世相なども話題にします。

エリクソンの叡智: #ヌミノース と #アイデンティティ #根源的信頼感

2017-06-15 05:50:15 | エリクソンの発達臨床心理

 

 

  発達トラウマ障害(DTD)のご相談は,こちらへ。agape☆gmail.com  但し,全て半角にしてから,☆→1430777@に変換してください。当方,年間70~80ケースの発達トラウマ障害(DTD)セラピーをしてきていかなりのケースが善くなっていますよ。あなたも是非位一度連絡してください。料金は収入によっていろいろです。世帯所得によって,ワンセッション500円(家庭保護世帯,母親のひとり親世帯など)~

 
自分を取り戻す
  オヤジの役割  良い子、悪い子を分けることが、「人間を上下2つの分けるウソ」を生み出すことになります。 The life cycle cpmpleted......
 

 今朝は,Toys and Reasons, stages in Ritualization of experience. 『おもちゃと目覚めていること 経験を日常生活の中で礼拝にする舞台』 から。p.90.

 

 

 

 

 

 ヌミノース体験ができますと,ヌミノースこそを確かにさせてくれるアイデンティティのまさに根源だと確信できますし,全ての人を許してくださる「は今ここにいます」という名の神様を,共に信頼する,自分を「」と呼ぶ全ての人が、お互いに認め合うことによって,ヌミノースを繰り返し体験することも、できます。

 

 

 

 

 

 ここからも分かりますように,アイデンティティや根源的信頼感は,聖書の神様を信頼することにその根源があるわけです。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 現世考 : #発達トラウマ... | トップ | 聖書の言葉: #信じる »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

エリクソンの発達臨床心理」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL