エリクソンの小部屋

エリクソンの著作の私訳を載せたいと思います。また、心理学やカウンセリングをベースに、社会や世相なども話題にします。

聖書の言葉 : マーゴイ : カウンセラーやサイコセラピストは「罪びと」?

2016-11-26 06:52:38 | 聖書の言葉から

 

 

 
与える悦びと貧しさ
    子どもに必要なのは、大人の「真実な態度」 「真実な」=信頼豊か  早熟の道徳性、早熟の良心は、禁物です。「正しい」ことよりも、「ホッとできる......
 

 

 カウンセラー、サイコセラピストは、日本では後発の、新しい仕事。タコツボ社会、井の中の蛙社会、ムラ社会ですから、ニッポン人は「新しいモノ」にはすぐに飛びつくのに、「新しい存在」には否定的、懐疑的。カウンセラー、サイコセラピストは、学校でも、病院でも、福祉施設でも、矯正施設でも、会社でも、「外様」扱い、傍流です

 それはなぜなのか? が、解ってくるような気になる所です。本田哲郎神父様「釜ヶ崎と福音」から。

 

 

 

 

 

 村人からうとまれたイエス誕生の折に、お祝いにかけつけた二組の人たちがいました。…東からやって来た三人の博士。マタイ福音書2章に報告されているエピソードです。原文は「マーゴイ」となっています。これはギリシア語ではなく、ぺリシア語を音写したものです。マーゴイ」とは博士でも王様でもなく、占い師です占い師医者とカウンセラーの役割もする、原始的な形で人の悩みを受けとめる人たちです。…病人の痛みをわが身に共有するというようなことです。すると、病人は「あ、自分だけではなくて、目の前の相手もいっしょに、この痛みをわかってくれている」と気持ちが楽になる。コンパッション、つまり共に苦しむことでいやしが行なわれる。これが占い師=「マーゴイ」でした。ユダヤ社会では異端視され、「罪人」とみなされる人たちでした。

 

 

 

 

 

 ですから、ニッポンでも、カウンセラー、サイコセラピストは、「外様」扱い、よそ者、傍流なのかもしれません。しかし、コンパッションには、その相手を癒すばかりではなく、その「外様」扱い、よそ者視する、傍流となっている集団・組織も癒す役割があります

 


 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ナウェンさんの「問いある生... | トップ | 聖書の言葉 : 「笑う門に... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL