エリクソンの小部屋

エリクソンの著作の私訳を載せたいと思います。また、心理学やカウンセリングをベースに、社会や世相なども話題にします。

#距離と話し言葉が大事

2017-06-16 00:03:02 | ヴァン・デ・コーク教授の「トラウマからの

 

 

  発達トラウマ障害(DTD)のご相談は,こちらへ。agape☆gmail.com  但し,全て半角にしてから,☆→1430777@に変換してください。当方,年間70~80ケースの発達トラウマ障害(DTD)セラピーをしてきていかなりのケースが善くなっていますよ。あなたも是非位一度連絡してください。料金は収入によっていろいろです。世帯所得によって,ワンセッション500円(家庭保護世帯,母親のひとり親世帯など)~

 
発達トラウマ障害(DTD)の子どもとの関わり方の、お手本
    エリクソンは、30年後の日本の学校の現状を、予言していた?  「いいよ」「ダメ」と言われても大丈夫になるのは、十分に「いいよ」「いいよ」と言......
 

 

 ヴァン・デ・コーク教授の  The body keeps the score : brain, mind, body in the healing of trauma 虐待されたら、意識できなくても、身体は覚えてますよ : 脳と心と身体がトラウマを治療する時どうなるか?』p.304,,第4パラグラフから。

 今宵も, PBSP(Pesso Boyden System Psychomotor) psychomotor theraphy,ペッソ・ボイデン体感療法 https://pbsp.com/,のワークショップを,ヴァン・デ・コーク教授自身が行っている,フィリピン系アメリカ人で,明るい発達トラウマ障害の女性,マリアさんとのセッションの,今宵もその続きです。

 

 

 

 

 

 このとき,「この部屋に,マリアさんのホントのお母さんを呼ぶ時間です」と申し上げました。マリアさんはみなさんを見渡して,明るく微笑んで,クリスティンさんにお母さん役を頼みました。クリスティンさんは,ブロンドの北欧系に見える芸術家でした。クリスティンさんは,この生活劇で,自分のセリフを心得ていましたから,「私はあなたのお母さん。ぬくもりがあって,優しい。私がいなければ,あなたは生きられなかったけれども,乱暴なお父さんからあなたを守れなかったわ」と言いました。マリアさんはクリスティンさんの右のクッションに座っていましたし,お父さんよりもはるかにマリアさんの近くにいました。

 

 

 

 

 

 このペッソ・ボイデン体感療法は,実によくできています。マリアさんの両親に対する心の距離を,物理的距離として,目に見える形にしているからです。お父さん役,お母さん役の人も,自分の立ち位置をよくわかっている≪話し言葉≫をしゃべり,マリアさんの言葉にできない言葉を≪話し言葉≫にしてくれます。

 この距離と≪話し言葉≫が,とても大事です。

 

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 聖書の言葉: #信じる | トップ | エリクソンの叡智:  #エ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL