エリクソンの小部屋

エリクソンの著作の私訳を載せたいと思います。また、心理学やカウンセリングをベースに、社会や世相なども話題にします。

インターメッツォ: エリクソンの叡智: 眼には見えない方程式

2017-03-20 03:20:20 | エリクソンの発達臨床心理

 

 

 

 
「バレなきゃいい」は、結局バレル!
   もう1つの譬え話 低い姿勢をとるイエス 改訂版 二コラ・プッサン「キリストと姦淫の女」1653 ルーブル美術館  昨日は「ブドウ園の労働者」の譬え......
 

 Toys and reasons. p.45。昨日の続き。

 

 

 

 

 

 

  

 破滅に至りそうな運命の繰り返しでも,その運命を,いまここで≪陽気で楽しい≫感じで表現できるようになれば,神様との≪約束≫どおりに,生まれ変わることができる眼には見えない方程式のお陰で,子どもは忘れられないような笑顔になる場合が多いですね。私はこの笑顔は,心ひそかに大勝利だと呼びたいんですね。その時その子は,その積み木(箱庭,コラージュ,遊び,…)が「出来た」といいますもんね。

 

 

 

 

 

 文字通り,「出来た」という場合も,もちろん,ありますね。でも,その笑顔が「出来た」と言っている場合がはるかに多いですね。この笑顔が現われたら,サイコセラピーは終結です。

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 発達トラウマ障害(DTD)の子ど... | トップ | 現世考: 北朝鮮のニュース... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL