エリクソンの小部屋

エリクソンの著作の私訳を載せたいと思います。また、心理学やカウンセリングをベースに、社会や世相なども話題にします。

聖書の言葉:  #光

2017-06-16 01:51:34 | 聖書の言葉から

 

 

 

 
紹介する自分はいないけれども・・・
      ルターは、2才児並みの激怒の人  ルターのケツ言葉は下品です。 Young Man Luther 『青年ルター』p206の第2パラグ......
 

 

 今宵の聖書の言葉は,,です。

 今宵のエリクソンが,について触れてましたから。

 。富士山に登る人は,ご来光を眺めるための人が多いそうですね。新宿あたりから夜行バスで,富士吉田口まで行って,夜のうちに登る強硬登山。体に悪そうですね。でも,それまでしてご来光を仰ぎたい気持ちを,多くの人が抱いていることがわかります。

 ご来光,というくらいですから,向こうからやって来るものですね。それをみんな知っています。なぜでしょうか?

 今宵のエリクソンは,「お互いに大切な存在として認め合い,希望を抱きあう」こそがだといいました。お互いを認め合う人も,向こうからやって来るのかもしれませんし,希望も向こうからやって来るものなのでしょう。

 向こうからやって来ると言ったら,外からやって来る感じですね。もちろん,富士山のご来光みたいに,外からやって来るご来光もありますね。でも,どうやらそれに限ったことでないようですよ。

 つまり,心の中にも,向こうからやって来るがある,ということなんですね。それはなぜそうなっているのかは,よくわかりません。

 お互いを認め合う場合でも,認め合うためには,その2人に共通する大切なことが必要です。その大切なことは,2人とは独立している価値,あるいは,2人から超越した価値ですね。たとえば,真心ということが,その価値になる場合がある。その真心が大事だという思い,あるいは,その感じが2人にあって,初めて,2人は,その真心を介して,お互いを大切な存在として認め合うことができる,ということでしょ。

 心の中で,向こうからやって来るも,ご当人とは独立して,あるいは,ご当人から超越したものでしょうね。少なくとも,自分の所有物,とは到底思えないから,自分から来た,とはとても言えずに,向こうからやって来る,となるわけです。

 向こうからやって来るわけですが,アポがあって,やって来るわけではありません。「今日,3時に行くからね」ということがわかりません。「油を用意する乙女」の話しみたいですね。じゃぁ,どうしたら,が来たって分かるのかしらね?

 それは,山で霧が晴れて,稜線が見えたときみたいに,見通しが明るくなる,ということがありますね。でも,それだけじゃないでしょう。霧が晴れて,日差しが差せば,ブルブル震えていた体も,温かくなりませんか。そうです。ぬくもりを実感しますでしょ。

 そうやって,は,毎日お日様が東から上がるみたいに,心の東側から(オリエンテーション),繰り返し,向こうからやって来て,ご当人に行先(オリエンテーション)を,はっきりと,温もりとともに,教えてくださるものです。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« エリクソンの叡智:  #エ... | トップ | 現世考: 民主主義の原則 ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL