エリクソンの小部屋

エリクソンの著作の私訳を載せたいと思います。また、心理学やカウンセリングをベースに、社会や世相なども話題にします。

#津久井やまゆり園の犯人はニッポン社会の写し鏡  :#私どもの残忍な本音を実現

2017-07-27 01:43:26 | 間奏曲

 

 

個を大切にすること、したがって、話し合いを大切にすることが、人間らしい暮らしの基本!!

 

 

  発達トラウマ障害(DTD)のご相談は,こちらへ。agape☆gmail.com  但し,全て半角にしてから,☆→1430777@に変換してください。当方,年間70~80ケースの発達トラウマ障害(DTD)セラピーをしてきていかなりのケースが善くなっていますよ。あなたも是非位一度連絡してください。料金は収入によっていろいろです。世帯所得によって,ワンセッション500円(家庭保護世帯,母親のひとり親世帯など)~

 
発達トラウマ障害(DTD)の子どものケアは、生活を人間らしくものに変えること
   「希望」の発展型としての 「本気の関わり」 改訂版  年寄りが老賢者であることを止めて久しいですね。日野原重明先生や柴田とよさんなどのごく少数のお......
 

  津久井やまゆり園事件の犯人、植松聖は、とても異常だ!! という論調が、新聞でもTVでも、目立ちました。他方で、障害者は生きる価値がある存在だ、という論調が平行していました。

 私は、どちらの論調に対しても、吐き気を伴う嫌悪感を感じたことを正直に申し上げたいと思います。

 そういう中で、唯一「ホントだなぁ」と感じたのは、かつての万年助手、最首悟(さいしゅ さとる)さんのコメントだけでした。7.26,2017朝日新聞「天声人語」にあります。「いまの日本社会の底には、生産能力のない者を社会の敵と見なす冷め切った風潮がある。この事件はその底流がボコッと表面に表れたもの」。さすが感性が非常に鋭く、ダウン症の星子(せいこ)さんと共に生きてきた、一流の学者です。簡単に申し上げれば、植松聖(さとし)さんがしでかしたことは、私どもが心の底で思っている残忍なことで、日頃は考えないで、無意識に避けてきたことを、出来事にしてみせたのだ!!! ということです。

 考えて見てください。障害者で、自ら喜んで、刑務所の親戚筋に相当する「施設」という所に入った人が、果たしているのかなぁ?  障害者は何故、世界的に見たら格安の最低賃金からさえ、排除されているのかしらぁ?

 ですから、植松聖さんがしでかしたのは、私どもの残忍な本音を実現したに過ぎません。自分の中に、そんなにムゴイ残忍さが隠れていることを、私どもは認めたくありませんでしょ。ですから、植松聖さんの「異常性」を声高に言いたくなる訳です。 

 しかし、問われるべきは、私どもひとりびとりの、残忍な本音と、その本音を心から変えていくことです。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« #ソリチュード #一人の豊か... | トップ | #治療はお薬中心:#製薬会社... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL