エリクソンの小部屋

エリクソンの著作の私訳を載せたいと思います。また、心理学やカウンセリングをベースに、社会や世相なども話題にします。

聖書の言葉: μεθ ὑμῶν 私どものど真ん中 

2017-03-21 02:34:15 | 聖書の言葉から

 

 

 

 
気分も態度も健康も良くなる方法
   キリスト・イエスのまこと 改訂版  「キリスト・イエスのまこと」。こういわれてピンと来る人はどれくらいいるのでしょうか。これは、新約聖書の「ガラテ......
 

 今宵の聖書の言葉は,μεθ ὑμῶν メス・ヒュモーン,「あなた達のど真ん中に(共に)」です。

 これは,神様やイエス・キリストが,「皆さんとずっと一緒ですよ」「あなたと共にいますよ」と繰り返し,言っているところです。

 たとえば,『新約聖書』の初めにあるイエス・キリスト物語「マタイによる福音書の最後の最後,第28章20節に出てきます。

弟子たちへの指示

16十一人の弟子たちはガリラヤのイエスに指示された山へ行き、17彼にまみえてひれ伏した。しかし疑うものもあった18イエスは彼らに近よっていわれた、「天と地の全権がわたしに与えられた。19それゆえ、行ってすべての国の人を弟子にし、父と子と聖霊の名で彼らをきよめ、20あなた方に命じたことをすべて守るよう教えよ。安んぜよ、わたしは世の終わりまでいつの日もあなた方とともにいるから」と。

 前田護郎先生がこう訳しているのですから,間違いではありません。でも,このメス,硬子音の前なので,メスになっているけれども,原型は,μετά メタです。基本の意味は「ど真ん中に」です。

 ですから,神様,イエス・キリストは「私どものど真ん中」におられる

 これは,神の国が「私どもの間」にある ということとパラレルでしょ。

 神様,イエス・キリスト,神の国,すべては関係の仕方のことであり,その関係は,自己関係(≪本当の自分≫との関係,内省)であると同時に対人関係でもある,ということです。

 ここから,心が生まれます

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 現世考: エバル奴(石原慎... | トップ | インターメッツォ: エリク... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL