エリクソンの小部屋

エリクソンの著作の私訳を載せたいと思います。また、心理学やカウンセリングをベースに、社会や世相なども話題にします。

エンジェル・シェアリング 歴史の不思議

2017-05-18 06:27:48 | ヴァン・デ・コーク教授の「トラウマからの

 

 

 

 
発達トラウマ障害の子どもは、いろんな合併症がある
   心、ないしは、魂が生まれるところ  朝三本足、昼間二本足、夕方三本足、さて、なあに? The life cycle cpmpleted 『人生の巡......
 

 発達トラウマ障害(DTD)=愛着障害の子ども。ヴァン・デ・コーク教授の  The body keeps the score : brain, mind, body in the healing of trauma 虐待されたら、意識できなくても、身体は覚えてますよ : 脳と心と身体がトラウマを治療する時どうなるか?』p.181, 第4パラグラフから。

 

 

 

 

 

 トラウマを負わされてた人たちは,少ししか覚えていない,と同時に,たくさん覚えていすぎてもいるものです。ところが,イリーネは,母親が死んだことを全く覚えていなかったのです。イリーネは何があったのか全く話ができませんでしたから。たほう,イリーネは母親が死んだ出来事を身体で示すように強いられてもいました。ジャネの言葉でいう「自動症」とは,イリーネが,自分の意思とは関係なく,無意識裡に行動することを意味します。

 

 

 

 

 私は20年近くサイコセラピーをしてきましたが,ここまで極端な人に出逢ったことがありません。私もまだまだだ,ということでしょう。

 でも,ジャネは最初からイリーネのような極端なケースにぶつかったんですね,意識の記憶は全くなく,すべてを無意識裡に行動で示すイリーネに出逢ったのです。そして,精神医学,心理臨床で記念碑的な『心理的自動症』と言う本を書くことになったわけです。

 私が言う,エンジャル・シェアリング,歴史の不思議ですね。

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« エリクソンの叡智:「新しい... | トップ | 聖書の言葉: 通りすがり ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL