エリクソンの小部屋

エリクソンの著作の私訳を載せたいと思います。また、心理学やカウンセリングをベースに、社会や世相なども話題にします。

聖書の言葉: #信じる

2017-06-15 08:18:32 | 聖書の言葉から

 

 

 

 
インターメッツォ : 生きた神のリアリティ
    「明るい献身」と「善意の暴力」   「自分の足で立つ」と「楽しい献身」   積み木を解釈する着眼点:その子ならではの要素 ロバートの作品の紹......
 

 今朝の聖書の言葉は,信頼する です。私が聖書の言葉で最も好きな言葉です。

 ついでに申し上げると,私が最も好きな哲学者は加藤周一さんです。

 その加藤周一さんが,「信じる」ことについて,とても深い洞察をしています。そのことについて,このブログでも触れたことがあります(加藤周一さんの「信じること」)。

 加藤周一さんは,信じることには,二つの側面があるといいます。一つは十分な知識がない場合です。「明日は雨が降ると信じる」という場合を加藤周一さんは例示しています。もう一つは,自分の態度表明の場合です。たとえば,「自由を信じる」とか,「平等を信じる」ということを,加藤周一さんは例示しています。

 聖書の信頼する信じるは,主として,態度表明としての信頼する,信じるです。

 ですから,本田哲郎神父様は,「信じて歩みを起こす」と正確に翻訳しています。

 このように,まとめてきますと,信頼する,信じる,というのは,毎日の生活をどのように過ごすのか,その生活態度を通して,どういう価値を態度表明するのか?ということが問われていることになりますね。その態度表明は,弱い立場の人に,どのように意識的に関わるのか,ということが重要であって,会に行っているとか,聖書を読んでいるだとかは,関係ない,ということです。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« エリクソンの叡智: #ヌミ... | トップ | #距離と話し言葉が大事 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL