エリクソンの小部屋

エリクソンの著作の私訳を載せたいと思います。また、心理学やカウンセリングをベースに、社会や世相なども話題にします。

自傷は気分が良いもの

2016-11-12 02:51:34 | ヴァン・デ・コーク教授の「トラウマからの

 

 

 
やり取り不足、実感無視の教育の賜物
   消費税があると、人を大事にすることはできない  公平だけだと、人を大事にすることには到底なりませんね。 p121の4行目の途中から。    &........
 

  発達トラウマ障害(DTD)=愛着障害の子ども。ヴァン・デ・コーク教授の  The body keeps the score : brain, mind, body in the healing of trauma 『虐待されたら、意識できなくても、身体は覚えてますよ : 脳と心と身体がトラウマを治療する時どうなるか?』p.143、ブランクから。

 

 

 

 

 

 自傷

 

 研修の時、私は三晩立て続けに、1人の女性の縫合手術をするために、朝の3時にたたき起こされました。その女性は、たまたま手にした鋭いもので首を切ったからです。その女性は、どこか誇らしげに私に話してくれたのは、「自分を傷つけると、気分がよくなる」ってわけでしたね。

 

 

 

 

 

 自傷と聞けば、「そんな痛い思いをわざわざしなくっても…」と思う人もいるでしょう。ところが、自傷するご本人は、「痛み」よりも、「気分の良さ」を実感しているようですね。

 

 

 

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« インターメッツォ: エリク... | トップ | 賢いブライアン »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ヴァン・デ・コーク教授の「トラウマからの」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL