エリクソンの小部屋

エリクソンの著作の私訳を載せたいと思います。また、心理学やカウンセリングをベースに、社会や世相なども話題にします。

境界性人格障害(BPD)は7歳以前から虐待されている

2016-11-07 08:54:38 | ヴァン・デ・コーク教授の「トラウマからの

 

 

 
世界の中心にいたい私たち 自己中心とは真逆
    愛敵とは?   「ガリラヤの言い伝えと≪私≫という感じ」もそろそろ佳境。 p361第2パラグラフ。    &...>続きを読む ......
 

  発達トラウマ障害(DTD)=愛着障害の子ども。ヴァン・デ・コーク教授の  The body keeps the score : brain, mind, body in the healing of trauma 『虐待されたら、意識できなくても、身体は覚えてますよ : 脳と心と身体がトラウマを治療する時どうなるか?』p.142、第3パラグラフから。

 

 

 

 

 

 『アメリカ精神医学界研究』誌で、あとで報告しましたように、ケンブリッジ大学病院で境界性人格障害(BPD)と診断された81%の患者さんが、重度の虐待か、重度のネグレクトを経験していました。大部分のケースでは、その虐待は7歳以前に始まっていました。

 

 

 

 

 

 虐待と言ったら、よっぼとヒドイことだという誤解があります。叱咤激励や躾のつもりでやっている、否定的な言葉を禁止の言葉を繰り返すことは、立派な心理的虐待になるということを覚えておいた方が善いですよ。

 7歳以前から、子どもに否定的な言葉や禁止の言葉を繰り返しているようですと、子どもは、境界性人格障害(BPD)にならずとも、うつや強迫神経症など、心の病になりやすいんですからね。

 

 

 

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« インターメッツォ: エリク... | トップ | インターメッツォ: 信頼の... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ヴァン・デ・コーク教授の「トラウマからの」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL