エリクソンの小部屋

エリクソンの著作の私訳を載せたいと思います。また、心理学やカウンセリングをベースに、社会や世相なども話題にします。

聖書の言葉 : 貧しくされた者たち

2017-03-07 07:14:22 | 聖書の言葉から

 

 

 

 
自分は何者? は超越に結びつく
   アイヒマン裁判の性質  アイヒマンの裁判の冒頭場面です。 『エルサレムのアイヒマン』Eichmann in Jerusalem の3ページの6行目......
 

 今朝の聖書の言葉は,οἱ πτωχοὶ  ホイ・プトーコイ 貧しくされた者たち プトーコイ。本田哲郎神父様が,繰り返し教えてくれるところでしたね。昨日のブログの聖書の言葉と同様,『新約聖書』最初にあるイエス・キリスト物語「マタイによる福音書」5章3節にでてきます。

3さいわいなのは霊に貧しい人々
  天国は彼らのものだから。

 実は,この言葉は,雨宮慧先生によれば,昨日の聖書の言葉

10さいわいなのは義のゆえに迫害される人々
  天国は彼らのものであるから。

 と対になって,コンチェントリック、左右対称になっているのだそうです。

 貧乏で,金持ちから意地悪されたり,バカにされたりする人たち貧乏な人の方が,かえって身軽に人と陽気で楽しい感じでやり取りできる。その時の湧き上がるような喜びですね。そこに「神の国」という,跳び上がるほどの歓びの関係性があります。

 ですから,意地悪されようとも,バカにされようとも,それをものともしない,イワンのバカのような,透徹した歓び貧しくされた者たちは味わうことができるわけですね。

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 現世考: 友田明美さん「視... | トップ | 性的に虐待されてきた娘たち... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

聖書の言葉から」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL