エリクソンの小部屋

エリクソンの著作の私訳を載せたいと思います。また、心理学やカウンセリングをベースに、社会や世相なども話題にします。

聖書の言葉 : #ソリチュード #人生の源 #生活の源 #ヤク仕事セックス

2017-07-12 00:59:43 | 聖書の言葉から

 

 

 

  発達トラウマ障害(DTD)のご相談は,こちらへ。agape☆gmail.com  但し,全て半角にしてから,☆→1430777@に変換してください。当方,年間70~80ケースの発達トラウマ障害(DTD)セラピーをしてきていかなりのケースが善くなっていますよ。あなたも是非位一度連絡してください。料金は収入によっていろいろです。世帯所得によって,ワンセッション500円(家庭保護世帯,母親のひとり親世帯など)~

 
インターメッツォ : 心の中にある時間的な座標軸
   自覚なき独裁 無責任な私たち   なぜ、≪私≫も≪私たち≫も死んで、「人間を上下二つに分けるウソ」が蔓延する群れる組織となるのか?  ヴィジョンを......
 

 今宵の聖書の言葉も,ソリチュード,一人の豊かさ,です。私が好きだからです。

 ヘンリー・ナウエンさん,と言えば,やはり,ソリチュード,一人の豊かさ,の実践と考察の深さですね。だからこそ,非常に日常的です。

 Beloved; Henri Nouwen in conversation から。p.7.

 

 

 

 

 

 皆さんの十字架は,一人寂しくいることなんですね。もしも,一人寂しくいることを心から受け止めて,一人寂しくいることに深く入っていけば,一人寂しくいることが,一人でいる豊かさに代わりますからね。一人でいる豊かさは,人生の源,生活の源になる一人居となりますね。一人でいる豊かさが訓練であるのは,その訓練を心から受け止めたいと願って,一人でいることから逃げ出して,動き回りたくなる,のではない,そのおがけです。一人寂しくいることが,ジッとしていられなくなると,依存症の始まり始まり。たとえば,をやれば,一人でいることを追いやってくれる,と思えば,もっと薬がほしくなり,薬にのめり込むことになるわけでしょ。セックスも同じでしょ。仕事も同じ。仕事をして,人に話をしたくなり,職場や任務に従っていたいと思ったら,仕事をすればするほど,なんか物足りなくなるもんね。

 

 

 

 

 それで,ダラダラと職場に残る人が結構いますでしょ。

 心の中の描写が,お見事でしょ。

 参考にしていただけましたら,幸いです。

 

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 現世考: #真実の新基準 ... | トップ | エリクソンの叡智: #エリ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

聖書の言葉から」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL