エリクソンの小部屋

エリクソンの著作の私訳を載せたいと思います。また、心理学やカウンセリングをベースに、社会や世相なども話題にします。

聖書の言葉:   #皆さんの眼の中にある梁はり #悪い良心 #この世の不幸の源

2017-06-19 07:25:58 | 聖書の言葉から

 

 

 

 

 
インターメッツォ : 主にまかせよ
    小さな哲学者たち 小学生は小さな哲学者。心理臨床をしていますとね、そう感じることが、度々あるんですね。でも小学生ですから、難しい哲学用語を使......
 

 

 今朝の聖書の言葉,眼の中の梁,です。

 梁であって,針じゃないですよ。梁って,建物の柱と柱をつなぐ横棒ですよね。かなりでかい。眼の中に入るはずもありません。

 『新約聖書』のはじめ『マタイによる福音書』の第7章に出てきます。

  裁くな

7章 1裁くな、裁かれないために。2あなた方がひとを裁くように自らも裁かれ、ひとをはかるように自らもはかられる。3なにゆえ兄弟の目にあるちりが見えて、あなたの目にある梁(はり)に気づかないか。4どうして兄弟に向かって、あなたの目からちりを取ってあげよう、といえるか、相変わらずあなたの目に梁があるのに!5偽善者よ、まず自らの目から梁を取れ。見えたうえで兄弟の目からちりを取るようにせよ。

 これは,人の小さな欠点は見えて,自分の大きな欠点は,見逃しがちだ,という風にも思えます。それは間違いではありません。

 でも,臨床心理学では,「投影」ということを,かなり初級段階で学びます。自分の中で折り合いがついていないことは,無意識に,他者を鏡として,他者のなかに,その他人の欠点として,大げさに見てしまっているのに,そのことに気づいていない,ということが起こります。

 聖書は,人の心のからくりを,ずっと昔からよく知っていて,心が,無意識の暴力に支配させやすい,ことに注意を促しているわけですね。

 人を裁く心は,悪い良心であって,この悪い良心が,人殺し,罪の厳罰化,心の病,戦争など,およそこの世の災難と不幸の極致を生み出してきたことを,ハッキリと自覚することが大切ですね。

 

 

 


 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« エリクソンの叡智: 永遠の宝物 | トップ | #理想的な「お話」が目印 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL