エリクソンの小部屋

エリクソンの著作の私訳を載せたいと思います。また、心理学やカウンセリングをベースに、社会や世相なども話題にします。

聖書の言葉 : 今日 σήμερον

2017-02-09 03:06:47 | 間奏曲

 

 

 

 
つづきはまた明日
   星がこんなに美しいと思ったことなどありません  夜空の星々を見つめたら、永遠を思わざるを得ないでしょう。 『The Sense of Wonder......
 

 上のコラムでは,明日。でも,今日の聖書の言葉は「今日」。

 先日も取り上げました,徴税人ザアカイの入信のシーン。『新約聖書』の4つのイエス・キリスト物語の3つ目「ルカによる福音書」の第19章にそのくだりがあります。前田護郎先生の翻訳です。その5節です。

5イエスはその場所へ来られると、目をあげていわれた、「ザアカイよ、急いでお降り。きょうはあなたの家に泊まることになっているから」と。」

 ルカは「今日」が大好き。私も大好き。今日は,σήμερον セメロン です。

 救いが訪れるときが「今日」だと言われます。

 ですから,「今は恵みの時,今は救いの日」なのでしょう。

 でも,それを,神学的にではなくて,心理学的に言ったら,どうなるのかしらね?

 それは,さっきの高校生が,私に教えてくれている感じです。

 「今日」は,「共に見通す」不思議を感じる日

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 現世考: 子どもの治癒力 ... | トップ | 発達トラウマ障害(DTD)の子ど... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL