エリクソンの小部屋

エリクソンの著作の私訳を載せたいと思います。また、心理学やカウンセリングをベースに、社会や世相なども話題にします。

エリクソンの慧眼: 攻撃性は,もともと陽気で楽しい?

2017-04-24 04:23:45 | エリクソンの発達臨床心理

 

 

 

 

 
発達トラウマ障害≒愛着障害の子ども達の、できそこないな自分
   倫理的想像力とパレーシア  倫理的想像力。聴いたことがありますでしょうか? この言葉はいろんな人が言っているのかもしれませんが、私は大江健三郎さん......
 

  今宵のエリクソンは,Toys and reasons. P.56.ページ,15行目から。言葉遊びの5日目。

 

 

 

 

 

 こういった遊びの色々をハッキリさせるためにまず議論しなくてはならないのは,遊びにある攻撃的な側面なんですね。それから,攻撃性にある陽気で楽しい側面もね。

 

 

 

 

 

 攻撃性と言ったら,ダメなものの代表選手みたいに思いがちでしょ。でも,これが大間違いだというのが,エリクソンの慧眼(けいがん)です。とくに,子どもの遊びの中にある攻撃性は,ある意味必要不可欠です。

 明日が愉しみ。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 発達トラウマ障害(DTD),自... | トップ | 聖書の言葉: 祝福の源 ☺ »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

エリクソンの発達臨床心理」カテゴリの最新記事