エリクソンの小部屋

エリクソンの著作の私訳を載せたいと思います。また、心理学やカウンセリングをベースに、社会や世相なども話題にします。

聖書の言葉 : 神様の居場所

2017-02-22 03:09:22 | 間奏曲

 

 

 
治療と遊びは、礼拝だ!
    過去+現在=未来は東向  哲学の教科書の続き。 Young Man Luther 『青年ルター』のp183の第3パラグラフ5行目途中から。フリー......
 

 今宵の聖書の言葉は,神様の居場所。「主の祈り」と呼ばれるクリスチャンが一番大事にしているお祈りは,「天にまします私どもの神様」とありますでしょ。神様は「天」に「天国」にいることになっています。「天」や「天国」は,上下,左右,前後などと考えたら,何となく「上」にいる感じがしませんか?

 でもね,子どもとサイコセラピーをしてますでしょ。子ども達が探し出す神様は,たいてい,深い深い海の底や,谷あいの村や,森の遥か向こう…などにいることが多く,どちらかというと神様は「下」にいる場合がほとんどです。

 ユングは,グノーシスの話を紹介しながら,今の神は「下」にいることを指摘しています(The Collected Works of C. G. Jung, vol9-1)。

 「私どもは、水の旅に出て、下に向かった旅をしなくちゃならないことは、確実なことです。私どもが宝物、あの父からの貴重な遺産を拾い上げたいと思えばね。グノーシスの魂の讃歌には、その息子は両親から、王様の王冠から零れ落ちた真珠を探すために、送り出されます。その真珠は、深い井戸の底にあり、龍に守られているんですね…その息子は、水の旅に出て、その井戸の暗い深みに突き進みます。その息子は、井戸の底で、その真珠を見つけ出し、最後にそ真珠を、最高の神様に捧げます」。

 子ども等は,まさかユングやグノーシスの文献を読んでいるはずもありません。でも,ユングやグノーシスに重なる話をしてくれます。

 心の不思議の物語ですね。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« インターメッツォ: エリク... | トップ |  ≪見通し≫を共有できないこと... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

間奏曲」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL