エリクソンの小部屋

エリクソンの著作の私訳を載せたいと思います。また、心理学やカウンセリングをベースに、社会や世相なども話題にします。

エリクソンの叡智: 遊びの自由の聖地

2017-05-15 02:24:33 | エリクソンの発達臨床心理
 
インターメッツォ : バルメン宣言から学ぶ お楽しみに!
   キリストのまこと 「ガラテヤ書」から考えました 改訂版  今日は、「キリストのまこと」について考えます。意外にこのテーマでブログを書いてなかったん......
 

 今朝のエリクソンも,Childhood and society. P.222。さらに,昨日の続きです。

 

 

 

 

 

 現代のプレイセラピーの土台になっている観察は,家族やご近所の中で遊んでいた遊びの見守り手たちに対する,心密かな憎しみや怖れ不安を感じさせられた子ども達が,低みに立って見直すことができた大人が一人いてくれる守りのある自由の聖地で,遊びの平安を取り戻すことができる,というものです。

 

 

 

 

 

 さっきの聖書の言葉聖書の言葉: イエスの最初の教え,とビッタシカンカンでしょ。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 現世考: 1人と2人 | トップ | 患者のために役立つ研究,患... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL