エリクソンの小部屋

エリクソンの著作の私訳を載せたいと思います。また、心理学やカウンセリングをベースに、社会や世相なども話題にします。

現世考: 子どもの治癒力 「共に見通す」ことの治癒力

2017-02-09 02:21:26 | 間奏曲

 

 

 

 
1つにする生き方は 楽しい。 改訂版
   「ルター派は眠ってたけども、改革派は目覚めていた」 改訂版  初期キリスト教徒は、当時支配的、自分を確かにする道を、偽物だと断じました。 Youn......
 

 そんな残念な大人たちとは対照的に,子どもの治癒力に驚かされます。やっぱり,人間って,素晴らしい!

 ここでも,具体的にその子どものことを記すことは差し控えたいと思います。デフォルメして,記すにとどめます。

 その子は,高校生。小学校の時から,不登校を繰返している子どもです。だんだん,無口になり,無表情になり,また,学校に行かなくなっていたんです。

 私は,初めて会った時に,線が細いのだけれども,繊細な感性が際立っている感じを受けたんですね。私がもともと持ち合わせて来なかった部分です。でも,その子は,その繊細さを強く持っている…。

 面接の中身は,その子の感性が捉えたものを,サイコセラピストである私が共有するだけでした。「共に見る」,「共に見通す」だけ。

 でも,不思議に,その子が言葉を発するようになり,笑顔が輝き出すようになってきて…。

 つい先日は,こちらが驚くほどのキッパリとした声で,自分の感性が捉えたことを口にしていました。日常生活もがらりと変わった感じで,母親も驚きを隠しません。

 子どもの治癒力,「共に見通す」ことの治癒力,人間,の,不思議,素晴らしさ!

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« インターメッツォ: エリク... | トップ | 聖書の言葉 : 今日 σήμερον »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

間奏曲」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL