エリクソンの小部屋

エリクソンの著作の私訳を載せたいと思います。また、心理学やカウンセリングをベースに、社会や世相なども話題にします。

#生き延びための短期的手立ての長期化 #発達トラウマ障害の症状の背景

2017-08-12 23:57:06 | ヴァン・デ・コーク教授の「トラウマからの

 

 

 

 

 発達トラウマ障害(DTD)のご相談は,こちらへ。agape☆gmail.com  但し,全て半角にしてから,☆→1430777@に変換してください。当方,年間70~80ケースの発達トラウマ障害(DTD)セラピーをしてきていかなりのケースが善くなっていますよ。あなたも是非位一度連絡してください。料金は収入によっていろいろです。世帯所得によってワンセッション500円(家庭保護世帯,母親のひとり親世帯など)~30,000円/50分

 

 

 

10代の子ども達がドラッグに手を出す訳、ドラックを禁じても解決しない
   ユングが教えてくれる「スピリットのある人生」 本気の約束  時空の境界線が示す、驚くほどの働き、ネガティブに働くときには、人間の最も残忍な部分がハ......
 

 ヴァン・デ・コーク教授の  The body keeps the score : brain, mind, body in the healing of trauma 虐待されたら、意識できなくても、身体はその傷を覚えてますよ : 脳と心と身体がトラウマを治療する時どうなるか?

 第17章。「バラバラな自分をまとめる:決めるのは自分」です。p.281,第2パラグラフから。

 

 

 

 

 

 問題に対処するには,大きな犠牲を伴います。自分自身を憎んだほうが,危険を冒して親に関わって,怒りを爆発させたり,逃げ出したりするよりもマシだ,という子どもが実在には多い。その結果,虐待されたり,相手にされなかったりする子ども等は,「僕(私)って,根っから,かわいくないんだ」と年とともに思い込みがちです。そう思わないと,「なんでこんなひどい目に遭わなくちゃならないの?」の説明がつかないと,子供心に思うんです。虐待されたり,相手にされなかったりする子ども等は,現実の大きな塊を,否定し,無視し,解離させることになります。虐待されたり,相手にされなかったりする子ども等は,虐待されていることを忘れ,激しい怒りや絶望を押し殺します。虐待されたり,相手にされなかったりする子ども等は,体感を感じなくなります。皆さんも子どものころに虐待されたり,相手にされなかったりすると,自分の中の子どもらしい部分が時間の中で氷漬けにされてしまいます。これって,自己嫌悪ですし,自己否定でしょ。虐待されたり,いつも相手にされない経験をしてきた大人も,同じ罠に捕らわれています。強い感情をどこかに捨て置いたら,短期的にはいいかもしれませんよ。誇りと独立は守れるかもしれません。大事なこと,たとえば,仲間を助けたり,子どもの世話をしたり,家を建て直すのに専念するのには,役立つやもしれません。

 

 

 

 

 

 ここは,日本の現状を踏まえて,正確に,「虐待されたり,相手にされなかったりする」と翻訳しています。虐待よりも,多忙仕事優先のライフスタイルが,ネグレクトになっているケースが一般的だからです。

 虐待されたり,相手にされなかったりする子ども等は,短期的な生き残り戦力が,長期的に使い続けているために,病気になっているケースが圧倒的多数です。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« #一人豊か  #ソリチュード... | トップ | #役に立つ弱い立場の味方にな... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ヴァン・デ・コーク教授の「トラウマからの」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL