エリクソンの小部屋

エリクソンの著作の私訳を載せたいと思います。また、心理学やカウンセリングをベースに、社会や世相なども話題にします。

虐待もネグレクトも、息苦しい

2016-10-15 09:39:07 | ヴァン・デ・コーク教授の「トラウマからの

 

 

 
私どもにも必要なのは チッチャナ言葉だけ
  ルターも詩人。 Young Man Luther 『青年ルター』p.233の第3パラグラフから。      「Ein Woertlein k......
 

  発達トラウマ障害(DTD)=愛着障害の子ども。ヴァン・デ・コーク教授の  The body keeps the score : brain, mind, body in the healing of trauma 『虐待されたら、意識できなくても、身体は覚えてますよ : 脳と心と身体がトラウマを治療する時どうなるか?』p.137、第2パラグラフ、5行目途中から。

 

 

 

 

 

ある時、マリリンが教えてくれたんです、「昨日の晩、歯磨きをしていたら、そこらじゅうを鞭で打たれたみたいな気持ちに圧倒されたんです。まるで陸に打ち上げられた魚みたいに、身体を激しくバタバタさせて、息が苦しくて、もがき苦しんだんです。泣きながら、喉を詰まらせながら、歯を磨いたんです。そこらじゅうを打たれた感じだけじゃなくて、パニックが胸から湧いてくる感じもしたんです。全身全霊で、『NOぉ――』と叫んだんです。シンクの前に立ってた時です。」と。マリリンはベッドまで行くと、眠り込んだんですが、その晩は、2時間ごとに眼が醒めたんです。

 

 

 

 

 

 虐待やネグレクトの体験は、首を絞められるみたいに息苦しい体験なんですね。それは言語化できなくても、この本のタイトル『身体は覚えてる』みたいに、身体は、虐待やネグレクトの息苦しさを知っているんです。

 マリリンが、首を絞められる夢を見たり、息苦しいフラッシュバックを起こしたのも、虐待とネグレクトの息苦しさを証明する一つだと言えますね。

 

 

 

 

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 発達トラウマ障害(DTD)の子ど... | トップ | 宇多田ヒカルさんの、約束と真実 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL