エリクソンの小部屋

エリクソンの著作の私訳を載せたいと思います。また、心理学やカウンセリングをベースに、社会や世相なども話題にします。

死んだ魂の復活

2016-10-11 08:38:02 | ブルース・ペリー教授の『犬』

 

 

 
フクシマの112人の甲状腺ガンになった子どもたち と 私たち
   念仏=感覚の覚醒  集中するのは、≪いまここ≫を生きること。 p106第3パラグラフ。      「...>続きを読む  ......
 

 

 先日の「SONGS」の宇多田ヒカルさんのインタヴューを伺っていましたらね、自分自身と、ウソとゴマカシを排除して、向き合っていったら、どなたでも、キリスト教や仏教が(おそらく、イスラム教が)教えていることと、重なってくるなぁ、と心底思いましたね。

 発達トラウマ障害(DTD)=愛着障害の子ども。ブルース・ペリー教授の The boy who was raised as a dog 「犬として育てられた少年」。p161から。

 

 

 

 

 

 第2の傾向が、福音主義的なキリスト教に生まれました。改宗した人たちや熱心な信者たちが警告してたことは、「悪魔は、世間に広まった性的非道に隠れている」ということなんです。罪のない子ども達に対して、こんなにひどい暴力を働いたり、ひどい虐待をしたりする人がたくさんいるのは、魂が病んでいるからだ、と説明する以外、どんな説明ができるんでしょうか? という訳です。

 

 

 

 

 加害者がすでに、魂が病んでいる、死んでいるから、子どもにヒドイことをして、子どもの魂まで殺す。悪循環です。

 ですから、どこか一つを裁いてみても、何の解決にもなりません。魂が殺されている人の魂が、生き返るようにしないとね。

 魂が生き返ること、それが、ヴァン・デ・コーク教授やナウェンさん、あるいは、本田哲郎神父様がおっしゃるように、人の気持ちが分かる、プレゼントをする、ということです

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 宝物 | トップ | インターメッツォ: ジッと... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブルース・ペリー教授の『犬』」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL