エリクソンの小部屋

エリクソンの著作の私訳を載せたいと思います。また、心理学やカウンセリングをベースに、社会や世相なども話題にします。

悪魔な「悪魔調査官」たち、悪魔な「震災ハケンの専門家」たち

2016-10-16 06:43:27 | ブルース・ペリー教授の『犬』

 

 

 
虎穴に入らずんば、虎児を得ず
   アベ・詐欺師ちゃんと悪魔の仲間たちの狂気を打開するために必要なのは、チッヤャナ言葉だけ。 Young Man Luther 『青年ルター』p.233の第4パラ......
 

 発達トラウマ障害(DTD)=愛着障害の子ども。ブルース・ペリー教授の The boy who was raised as a dog 「犬として育てられた少年」。p161、最後のところから。

 

 

 

 

 

「悪魔調査官」達は、虐待したかもはっきりしない大人の患者さんらに、「あなた達は虐待があったと思うなら、あったんですよ」などと話していたんです。また、摂食障害や依存症があるだけで、虐待の記憶もないのに、虐待があったはずだ、とも話したんですね。虐待があったか否かを計るチェックリストは、これっぽちの証拠にも基づかないものでした。ところが、このチェックリスト、セラピスト、ソーシャル・ワーカー、児童福祉局の職員向けに行った何百ものワークショップで、診断ツールだと紹介されたんです。

 

 

 

 

 悪魔調査官」達は、ウソを平気でいう人たちでしたね。これっぽちの証拠もないことを、診断ツールだというくらいですからね。

 でも、「震災ハケンの専門家」たちも、ウソを平気でいう人たちですよ。これっぽちの証拠もないのに、心理教育が発達トラウマ障害(DTD)の子どもばかりの被災地の子ども達に「有効だ」と言ってるんですからね。

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 発達トラウマ障害(DTD)の子ど... | トップ | インターメッツォ: 仲良し... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL