エリクソンの小部屋

エリクソンの著作の私訳を載せたいと思います。また、心理学やカウンセリングをベースに、社会や世相なども話題にします。

現世考: 「働き方改革」の看板も偽物 本物の人間らしい労働条件

2017-02-24 04:46:14 | 間奏曲

 

 

 

 
意志はわがままから
   夜明け前の悦びはね、忘れならない悦び  夜明け前に1人。すると、1人豊かな鳥の声が聞こえてきます。 The Sense of Wonder 『不思......
 

 働き方改革が盛んにニュースになっていますね。NHKなども「2月14日、政府は、経団連の榊原会長や連合の神津会長ら、労使双方の代表が出席する働き方改革実現会議で、長時間労働の是正に向けて導入を目指してきた罰則付きの時間外労働の上限についての原案を示しました。原案では、労使が協議し、いわゆる「36協定」を締結すれば、原則として月45時間かつ年間360時間まで時間外労働を認め、さらに別の協定を結べば、年間720時間(月平均60時間)まで上限を引き上げられるとしています。事実上、年間720時間を上限としました。…政府は、繁忙期の上限について、当初、月100時間かつ2か月160時間(月平均80時間)とすることで調整を進めていましたが、連合が『月100時間などは到底ありえない』などと反発したため、原案には盛り込まず、引き続き調整が行われることになりました。」とネットニュースを載せています。

 アベ・詐欺師ちゃんと悪魔の仲間達が言う「働き方改革」は,過労死ラインの月100時間を認めるものですから「死ぬまで働け」というもの

 これを「改革」と呼べますか? 呼べるはずもありません,悪い現状の追認・是認でしかありませんね。

 労働基準法の原点に戻って,一日8時間,週40時間を上限にするのが当たり前で,それで十分な賃金を保証する,という至極単純なことを保証することが,発達トラウマ障害(DTD),保育所に入れない問題,老人ホームに入れない問題,少子化などの諸課題を解決する根本問題なのです。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 聖書の言葉: μακάριοι 再び... | トップ | 人生を決めるのは,2歳まで... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

間奏曲」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL