エリクソンの小部屋

エリクソンの著作の私訳を載せたいと思います。また、心理学やカウンセリングをベースに、社会や世相なども話題にします。

インターメッツォ: ナウェンさんのピスティス

2016-10-16 04:54:31 | 間奏曲

 

 

 
癒しの匂い  あばら家暮らしのエリクソン
  男も中年になれば、臭いのことを気にする方も多いのかもしれませんね。「加齢臭」などと言う、昔はなかった言葉も盛んに言われたりしますしね。でも、あんまり気にしすぎるのもどう......
 

 ヘンリー・ナウェンの『魂の向き』Spiritual Direction を味わいます。p.152。昨日の続き。

 

 

 

 

空中ブランコをしているその体は美しく上品で、自分も人も大事にする気持ち、友情、やり取りする間柄、という魂を表現しています。そして、自分も人も大事にする気持ち、友情、やり取りする間柄、という、この魂は、いまここにあって、身体から離れることはありませんもんね。私も、自分を受け止めてくれる相手を信頼して生きたいと思います

 

 

 

 

 

 素晴らしい!! ですね。

 何メートルという高さのブランコの間を、飛び移る空中ブランコ。自分が1つの空中ブランコを手放す時、飛び移る相手が、自分を確実に受け止めてくれると信頼すればこそ、オッカナイ気持ちを吹っ切って、ブランコを手放すことができますでしょ。

 そのように、私どもも生きてまいりましょう

 

 

 

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 宇多田ヒカルさんの、約束と真実 | トップ | 発達トラウマ障害(DTD)の子ど... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL