エリクソンの小部屋

エリクソンの著作の私訳を載せたいと思います。また、心理学やカウンセリングをベースに、社会や世相なども話題にします。

#ペッソ・ボイデン体感療法 #響きあう願い #響きあう理想

2017-06-19 01:38:48 | ヴァン・デ・コーク教授の「トラウマからの

 

 

 

  発達トラウマ障害(DTD)のご相談は,こちらへ。agape☆gmail.com  但し,全て半角にしてから,☆→1430777@に変換してください。当方,年間70~80ケースの発達トラウマ障害(DTD)セラピーをしてきていかなりのケースが善くなっていますよ。あなたも是非位一度連絡してください。料金は収入によっていろいろです。世帯所得によって,ワンセッション500円(家庭保護世帯,母親のひとり親世帯など)~

 
発達トラウマ障害(DTD)の診断に必要な、生育歴の確認
    小さな哲学者たち 小学生は小さな哲学者。心理臨床をしていますとね、そう感じることが、度々あるんですね。でも小学生ですから、難しい哲学用語を使う訳......
 

 ヴァン・デ・コーク教授の  The body keeps the score : brain, mind, body in the healing of trauma 虐待されたら、意識できなくても、身体は覚えてますよ : 脳と心と身体がトラウマを治療する時どうなるか?』p.305,第2パラグラフから。

 今宵も, PBSP(Pesso Boyden System Psychomotor) psychomotor theraphy,ペッソ・ボイデン体感療法 https://pbsp.com/,のワークショップを,ヴァン・デ・コーク教授自身が行っている,フィリピン系アメリカ人で,明るい発達トラウマ障害の女性,マリアさんとのセッション。マリアさんが,お母さんを非難した後,自分の願いを≪話し言葉≫にすることができました。

 

 

 

 

 

 その次に,私はもう一人のメンバーに,理想的な母親になってもらおうと申し上げると,マリアさんは,もう一度部屋の中をじっくり見渡して,エレンさんを選びました。エレンさんはセラピストであり,武道家でした。マリアさんは,自分とお母さんの間の,右のクッションに,エレンさんに座ってもらいました。そして,エレンさんに「私を抱いて」とお願いしました。「マリアさん,あなたは理想的なお母さんに,お父さんに向かって何と言ってほしいですか?」と私が尋ねましたら,マリアさんは「お母さんに言ってほしいのは『お父さんがそんな言い方をするなら,私は家を出ますし,子どもたちは私が引き取ります。ここにいつまでもいて,こいつの話なんか聞いてやるもんですか」ってことです。」と答えました。エレンさんは,マリアさんのこの言葉を繰り返しました。そこで私は尋ねました,「今はどんな感じですか?」と。マリアさんは応えて「いい感じです。心が楽になりましたから。息も楽ですし。身体の中で元気なダンスをしているみたいです。とてもいい感じです。」と言いました。「証人の皆さんは,マリアさんがとてもうれしそうだって,わかりましたよ。お母さんが,『私は金輪際お父さんにひどいことは言わせませんから。子どもたちは私が引き取ります』と言うのを,マリアさんも聞きましたもんね」と私は申し上げました。マリアさんはむせび泣いて「安心できて,ハッピーな子でいたかった」と言いました。何人もの人が静かに泣いているのが,目の端からチラッと見えました。安心して,ハッピーになりたかった,というマリアさんの願いが,その人たち自身の願いと響きあったからなんですね。

 

 

 

 

 

 ここが,ペッソ・ボイデン体感療法の優れた点でしょうね。一つは,最深欲求をイメージしたような理想的な親の≪イメージ≫を,≪話し言葉≫にするだけではく,具体的に再現して≪出来事≫にしている点です。もう一つは,主人公になった人ばかりが見るのでなしに,参加者の多くの人と,響きあう感じで≪共に見る≫点です。

 

 

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 現世考: #心の中の見えな... | トップ | 現世考: #発達トラウマ障... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL