エリクソンの小部屋

エリクソンの著作の私訳を載せたいと思います。また、心理学やカウンセリングをベースに、社会や世相なども話題にします。

ニッポンの裁判官は、自分の出世のために、法の正義や良心をドブに捨ててるのが普通!

2016-10-13 08:16:34 | ブルース・ペリー教授の『犬』

 

ヴァン・デ・コーク教授の本、売れ行き好調!  下は、この本(ただし、上の本のようなペーパーバックではなく、ハードカバー本の物)のカバーの内側の文書と、ヴァン・デ・コーク教授の写真。

 
腑に落ちるとトラウマ
  自分自身を失ったら・・・。  トマスによる福音書では、見失った羊は、一番デカい羊。それは「本当の自分」だから。 p353第3パラグラフ。   .........
 

 発達トラウマ障害(DTD)=愛着障害の子ども。ブルース・ペリー教授の The boy who was raised as a dog 「犬として育てられた少年」。p161、第2パラグラフから。

 

 

 

 

 

 ヴァーノン一家に関わった、児童保護局のケースワーカーの人たちやアメリカ式養父母は、そのピークにおいて、この文化的に錯綜した状況の、洗礼を受けたんですね。この子ども達が養子に出された1990年当時は、この子どもたちの面倒を見たアメリカ式養父母達やケースワーカーの人たちは、「悪魔教団儀式における虐待」の勉強会に出てたんですよ。その地区の首席検事が、この事件に関わり合いたくなかったのは、以前に被告の代理人になった時に、児童保護局のケースワーカーの人たちが、地方判事を検事役に指名したからでした。

 

 

 

 本来は、法と良心にのみ忠誠を誓うはずの、検事や裁判官が、文化的混乱の悪影響を受けてしまう。悪魔教団の虐待事件は、その文化的混乱の最たるものだったらしい。アメリカの検事や裁判官もそうなんですからね。

 日本の検事や裁判官、自分の出世のためには、法の正義や良心は、ドブに捨ててる場合が一般的です。

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 発達トラウマ障害(DTD)の人は... | トップ | インターメッツォ: 「空中... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL