エリクソンの小部屋

エリクソンの著作の私訳を載せたいと思います。また、心理学やカウンセリングをベースに、社会や世相なども話題にします。

賢いブライアン

2016-11-12 03:32:05 | ブルース・ペリー教授の『犬』

 

 

 
ナチスの上行く アベ・詐欺師ちゃんと悪魔の仲間たちのやり口
ジョン・カボット・ジンさんの本も手に入れて、ちょっぴり読んでます。そのうち、翻訳出しますね。カール・ロジャースの「セラピストの必要不可欠な態度」をもっと詳しく、もっと具体的に教......
 

 発達トラウマ障害(DTD)=愛着障害の子ども。ブルース・ペリー教授の The boy who was raised as a dog 『犬として育てられた少年』。p167、第3パラグラフから。

 

 

 

 

 

 それで、ブライアンは、「治療的な」アメリカ式養父母たちのところにいた16人の子ども達の1人になったんです。ブライアンは、賢い2年生で、角刈り頭の、良心的な性格でした。ブライアンは、ニュースを見るのが好きでしたから、保安官が養父母たちを、自分や弟達に対する虐待の廉で逮捕するために来る以前から、テレビでヴァーノン一家事件のことを耳にしていたんです。

 

 

 

 

 

 16人もの養子がいれば、いろんな子どもがいるのが当たり前かもしれませんね。頭の良い子もいれば、飲み込みに時間がかかる子もいますでしょ。ブライアンは、賢いタイプだったということです。

 

 

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 自傷は気分が良いもの | トップ | 高齢者の自動車「事故」が続... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL