エリクソンの小部屋

エリクソンの著作の私訳を載せたいと思います。また、心理学やカウンセリングをベースに、社会や世相なども話題にします。

性的虐待馴れ症候群

2016-10-18 21:16:44 | ヴァン・デ・コーク教授の「トラウマからの

 

 

 
控えめで、ユーモアセンスのある言い方
  ルターとその他の修道士らとは、対照的でした。 Young Man Luther 『青年ルター』p.234の第2パラグラフ、14行目途中から。    ......
 

  発達トラウマ障害(DTD)=愛着障害の子ども。ヴァン・デ・コーク教授の  The body keeps the score : brain, mind, body in the healing of trauma 『虐待されたら、意識できなくても、身体は覚えてますよ : 脳と心と身体がトラウマを治療する時どうなるか?』p.138。第9章。

 

 

 

 

 

 

 自分を人を大事にする気持ちとそれと、なんの関係あるの?

 

 

 入会の儀式、脅し、非難、孤立無縁、自分を悪く言うことは、子どもの頃の性的虐待を怖がるからです…。「こんなことは、心配しなくてもいいよ。内にはそんなことは一度もないから」、「どうして、そんなに恐ろしい子と考えないの」、「そんなことは、2度と言っちゃダメなんだから」。こんなことを言われたら、子どもは2度と性的虐待のことを訊かなくなりますし、話さなくなります。

                         ロナルド・サミット『子どもの性的虐待』

                             性的虐待馴れ症候群

 

 

 

 

 

 人間は、性的虐待にも馴れてしまう存在です。

 それは、会社や組織のために、ウソやゴマカシをやる場合、最初は「ちょっと変」と感じ居たことが、繰り返す内に、慣れっこになって、「何にも気が付かない」ということになり、ウソとゴマカシに、鈍感になってしまうますのと似ています。

 

 

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« インターメッツォ: 激しい... | トップ | 大人の意を汲んでウソを言う... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL