エリクソンの小部屋

エリクソンの著作の私訳を載せたいと思います。また、心理学やカウンセリングをベースに、社会や世相なども話題にします。

インターメッツォ: エリクソンの叡智 : #お母さんが神様を信頼することの、#値打ち

2017-01-30 09:30:03 | エリクソンの発達臨床心理

 Insight and responsibility 『心の中の子どもを内省していると,それだけ,目の前の子どもに応答できますよ』p.152。第3パラグラフの最後の4行。

  Young man Lutherで,エリクソンが,ルターが嫌がるかもしれないけれども,女性性を身に着けた,と言った,その女性性,正確には,母性性について,触れているところです。

 

 

 女性が神様を信頼することは素敵なことだと認めるのって,悪いことをしているっと思わずに行動できる,って屁理屈を言えることにあるんじゃないですね。むしろ,神様を信頼していることそのものを生かすことでしょ。つまり,新しい人たちである子どもたちに,hopeたとえ困難があっても,希望を失わずに生きていく品性」をプレゼントできるからですし,と,trustお母さんが当てになるのとちょうど同じくらいに,あなたは宝物のような値打ち物と信頼に値する大切な存在ですよ,という品性」を腑に落ちるように育むからでしょうね。

 

 

 ここで,エリクソンが,子どものことを,チュードレン,とは呼ばずに,ニュー・ヒューマンズ,と呼んだのは,新約聖書の,4つのイエス・キリスト物語が終わったすぐ後に出てくる,パウロさんの手紙の一つ,「エフェソ人への手紙」第4章17節以下を意識していたからです。それは,イエス・キリストであると同時に,どもひとりびとりの心の中にある,本当の自分が,いつでも,どこででも,新しい人として,経験することに決まっているからなんですね。そして,この≪新しい人≫である≪私≫は,あまりにも圧倒的なヌミノース,すなわち,畏ろしいほど溢れ返っているのに,不思議な静けさと透明な感じのする歓びが必ずありますから,イキイキ,ピチピチして日々を生きていけますね。

 その歓びをプレゼントするのは,お母さん,あなたですよ。

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 心的外傷後ストレス障害(PTS... | トップ | 現世考: ルンド大学の女子... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

エリクソンの発達臨床心理」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL