エリクソンの小部屋

エリクソンの著作の私訳を載せたいと思います。また、心理学やカウンセリングをベースに、社会や世相なども話題にします。

エリクソンの叡智: 繰り返される気持ちの訳

2017-05-14 08:57:27 | エリクソンの発達臨床心理

 

 

 

 
インターメッツォ 2 : カエルの合唱
   正しい翻訳が、正しい信頼、正しい学問になる 5訂版  いま、Young Man Luther 『青年ルター』の翻訳を進めてますでしょ。とっても示唆......
 

 今朝のエリクソンも,Childhood and society. P.222。昨日の続きです。ヴァン・デ・コーク教授の自動症の話とも重なります。

 

 

 

 

 

 実験室で,舞台の上で,画板の上で,人は過去を繰り返し生き直し,積み残したいろんな気持ちを繰り返し和らげるものでしょ。

 

 

 

 

 

 自動症も,実は自己治癒しようとする試みと考えたいですね。

 実にうまく出来てますでしょ。

 

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« トラウマに対する基本的な見... | トップ | 聖書の言葉: イエスの最初... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

エリクソンの発達臨床心理」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL