エリクソンの小部屋

エリクソンの著作の私訳を載せたいと思います。また、心理学やカウンセリングをベースに、社会や世相なども話題にします。

インターメッツォ: エリクソンの叡智 : 無意識の迷信から解放する戦い

2016-10-29 11:49:23 | 間奏曲

 

 

 
心のともしび
   戻っておいで、私の時間  形は中身が大事なので、日々中身を確かめなくちゃあいけません。悦びなのか? 真実なのか? それとも、「人間を上下2つに分け......
 

 

  Chilhood and Socirty から。p.417から。

 

 

 

 

 

 私どもサイコセラピストは、無意識の迷信から解放することに、一致して努力を集中すべきです。しかもそれは、赤ちゃんの相手をしたり、若者をバカにするような、政治的経済的な偏見をなくす時にです。しかしながら、この目的のためには、根源的な事実を理解しなくてはなりません。その根源的事実とは、人間は、子どもの頃に、人を搾取する一番根っこにある基盤をこしらえるということです。…。 人間を上下2つの分けるウソから解放しようとする戦いは、いろんな役割のある、いろんな相手を対等と認めることです。しかもそれは、相手の人たちが根っから似ているからじゃなくて、そのひとりびとりの持ち味が、共通する役割にとって、不可欠だからです。

 

 

 

 

 

 サイコセラピストの基本的な役割は、人を無意識の迷信から解放することにあります。これを明確に言っている人って、エリクソンとユングぐらいしかいないと思います。

 その無意識の迷信とは、人間を上下2つに分けるウソです。

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« インターメッツォ: 沈黙の... | トップ | 発達トラウマ障害(DTD)の子ど... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

間奏曲」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL