エリクソンの小部屋

エリクソンの著作の私訳を載せたいと思います。また、心理学やカウンセリングをベースに、社会や世相なども話題にします。

現世考: 岡田尊司さんは,なぜ「発達トラウマ障害(DTD)」と言わないのか?

2017-02-12 09:17:07 | 間奏曲

 

 

  発達トラウマ障害(DTD)のご相談は,こちらへ。agape☆gmail.com  但し,全て半角にしてから,☆→1430777@に 変換してください。 

 
何で僕だけ、怒られなくっちゃいけないの?
   小さなものの世界にこそ、永遠はある  子どもと不思議を共にするためには、大人の私どもは、「自由」な心が必要です。  『The Sense of W......
 

 岡田尊司さん,ヴァン・デ・コーク教授が「発達トラウマ障害(DTD)」と言っていることを,当然ご存知です。英語の本も自由に読めるだけの英語力もお持ちです。参考文献の一覧を見れば,それが明らかです。

 ところが,すぐに出てくる岡田尊司の本5冊分の参考文献には,ヴァン・デ・コーク教授の名前がありません。Amazonで検索すれば,すぐに分かることですが,同じような本を,もう50冊以上出して,相当の印税収入があったと思われます。それで大阪にクリニックを2つも立てていますでしょ。

 岡田尊司さんは,当然,発達トラウマ障害(DTD)がパンデミックであることを,ご存知です。しかし,そのことは言わない。なぜなら,そのことを書いたら,50冊以上の本は書けないからです。発達トラウマ障害(DTD)のパンデミックと言う中心を,チョットずつ外して,やれ「愛着障害」,やれ「人格障害」,やれ「母という病」,やれ,もひとつ「父という病」とたくさんの本を出すことになりました。

 印税収入が目的だと分かりますね。

 でも,大事な指摘もしています。

「そもそも遺伝的要因が強い「脳の障害」とされる発達障害が,これほど急増するということは,どういうことだろう。海外でも発達障害が増加しているが,軽度発達障害のケースが,医療機関に殺到したり,大きな社会問題になっているのは,日本に特異な現象である」

『子どもが自立できる教育』p.6 下線太字は引用者。

 アメリカでは,同じ現象がありますが,それは,発達トラウマ障害(DTD)の問題とされています。ですから,アメリカ小児科学会の元会長ロバート・ブロック博士の言葉を借りると 「ACE(子どもの頃のムゴイ育ちの環境)は今日私たちの国が直面している 取り組まれていない 公衆衛生最大の脅威です」と述べている訳です。発達トラウマ障害(DTD)という病気の量と質が,それだけ深刻だからです。

 日本はアメリカ以上です。

 「軽度発達障害のケース」とは,「発達トラウマ障害(DTD)のケース」なんです。

 岡田尊司さんも,的を外しながら,ボヤケタ言い方ですが,

 「発達トラウマ障害(DTD)のパンデミック

を指摘しているんです。

 

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 今のニッポンの大間違いの1つ | トップ | インターメッツォ: エリク... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

間奏曲」カテゴリの最新記事