エリクソンの小部屋

エリクソンの著作の私訳を載せたいと思います。また、心理学やカウンセリングをベースに、社会や世相なども話題にします。

#ペッソ・ボイデン体感療法の,「#うまくできてる」 #秘密

2017-06-18 00:56:17 | ヴァン・デ・コーク教授の「トラウマからの

 

 

  発達トラウマ障害(DTD)のご相談は,こちらへ。agape☆gmail.com  但し,全て半角にしてから,☆→1430777@に変換してください。当方,年間70~80ケースの発達トラウマ障害(DTD)セラピーをしてきていかなりのケースが善くなっていますよ。あなたも是非位一度連絡してください。料金は収入によっていろいろです。世帯所得によって,ワンセッション500円(家庭保護世帯,母親のひとり親世帯など)~

 
インターメッツォ : 彼岸の倫理  此岸の倫理
    高橋三郎先生の「真」   日本文化における時間と空間   癒しの時空 見当識の選択は人生の選択 加藤周一  エリクソンが、解釈において感覚的......
 

 ヴァン・デ・コーク教授の  The body keeps the score : brain, mind, body in the healing of trauma 虐待されたら、意識できなくても、身体は覚えてますよ : 脳と心と身体がトラウマを治療する時どうなるか?』p.305,11行目途中フから。

 今宵も, PBSP(Pesso Boyden System Psychomotor) psychomotor theraphy,ペッソ・ボイデン体感療法 https://pbsp.com/,のワークショップを,ヴァン・デ・コーク教授自身が行っている,フィリピン系アメリカ人で,明るい発達トラウマ障害の女性,マリアさんとのセッション。マリアさんが,お母さんが,お父さんに対して,何にもしないことを非難した後から。

 

 

 

 

 

「・・・お母さんは,どうやったら戦えるのか,判らないのね。お母さんはお父さんの言いなりだから,よくないところ,イキイキしてないところもあるわ。お母さんが言ってほしいことって何か,さえ,判らない。ただ,お母さんには変わってもらいたいの。お母さんのやることなすこと,ダメだもの。ダメな時に,ダメって言えないんだもの。」マリアさんは言いました。私は申し上げました,「証人の皆さんは,あなたがすさまじい覚悟で,お母さんに,お父さんに対して立ち向かってほしい,って望んだのが判りましたよ」と。マリアさんは,どれだけお母さんに,自分たちと一緒に逃げてほしかったのか,オッカナイお父さんから救い出してほしかったのか,を≪話し言葉≫にすることができました。

 

 

 

 

 

 お母さんをお父さんが打っている。その時にマリアさんの思い,≪イメージ≫は,そんなお父さんからお母さんともども逃げたすことでした。でも,マリアさんが幼い時には,その≪イメージ≫を≪話し言葉≫にすることも,ましてや,≪出来事≫にすることもできませんでした。それが,マリアさんの発達トラウマの本質です。

 ペッソ・ボイデン体感療法の優れた点は,幼い時の≪イメージ≫を,いまここで≪話し言葉≫にするだけじゃなくて,いまここで≪出来事≫にするところです。幼い時の≪イメージ≫を,いまここで≪話し言葉≫にするだけじゃなくて,いまここで≪出来事≫にすると,発達トラウマ記憶が書き換えられて,発達トラウマ障害から,解放されます

 うまくできてる

 

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 聖書の言葉:  #光 と ... | トップ | エリクソンの叡智:   #... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ヴァン・デ・コーク教授の「トラウマからの」カテゴリの最新記事