阿賀野市ブログ応援隊

個人・サークル・行事・歴史・頑張っている人などの阿賀野市の情報と、人生の楽しみ(?)をお伝えします。

瓢湖。 広報の考え方

2016年12月20日 | 瓢湖

  12月14日の新潟日報さんの記事に 「鳥インフルエンザ発生の阿賀野・瓢湖  観光客減PRに懸命  解放中の観察舎も  ハクチョウ見に来て 」という見出しが載っていました。 鳥インフルエンザ報道の影響で観光客が来ず、困っている報道です。

瓢湖前に立てた看板の文言を、「立ち入りを禁止」から「立ち入りを制限」に変えたそうですが、下の写真のように 看板の横には大きな文字で「立入禁止」の文字が。 看板の小さな文字より横の大きな文字が目に入ります。 文言を変えた意味がないでしょう。

瓢湖のふれあい桟橋付近にも「立入禁止」の文字が・・・ (12月14日朝撮影。 12月20日も同じ状況)

瓢湖近くの観察舎は開放されており、暖かい部屋で白鳥が見れるので、立ち入り制限の看板の横に、大きな白鳥のイラストを描き、観察舎の方向に矢印を描き「暖かい観察舎で白鳥が見れます。入場無料です」のような看板を建てれば良いし、駐車場にも同様な看板をいくつか設置すれば、観光客も少しは増えると思います。 今日12月20日午後、瓢湖前の白鳥会館に行ったら、2階にあるレストランが「しばらくの間、休業」の張り紙がしてありました。

担当職員だけでなく、市会議員や観光協会の方たちも「広報」というものを、もう少し考えてみませんか。 

もう少し、良いアイデアが生まれるかも・・・

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 祝 「越後水原」 | トップ | 出版不況 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む